コンクリートの雲
ホーム > 作品情報 > 映画「コンクリートの雲」
メニュー

コンクリートの雲

解説

「ブンミおじさんの森」のアピチャッポン・ウィーラセタクンが製作を担当し、アピチャッポン監督作で編集技師を務めてきたリー・チャータメーティクンが監督デビューを果たした恋愛ドラマ。アジア金融危機の最中にある1997年、ニューヨークで金融マンとして働くマットは、父親の訃報を受けてタイのバンコクに帰郷。高校時代の女友だちサーイと再会する。一方、マットの弟ニックは、恋人と安アパートで同棲していたが……。経済状況が行き詰っていくことによって変化していく2組のカップルの様子を、監督自身の経験も反映して描いた。2014年・第27回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」部門で上映。

作品データ

原題 Pavang rak
製作年 2014年
製作国 タイ・香港・中国合作
上映時間 99分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「コンクリートの雲」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi