彼女について私が知っている二、三の事柄
ホーム > 作品情報 > 映画「彼女について私が知っている二、三の事柄」
メニュー

彼女について私が知っている二、三の事柄

劇場公開日

解説

「メイド・イン・USA」と同時に製作されたゴダール監督作品。4000世帯を収容するパリ郊外の団地で夫と子供ふたりと暮らすジュリエット。夫にとって自慢の妻だが、昼間は売春をして買い物を楽しんでいる主婦のひとりだった。アメリカがパリにもたらす夢の虚像、68年の革命への予感を孕んだ本作は、大島渚監督「絞死刑」との作品交換で日本初公開された。

作品データ

原題 2 ou 3 choses que je sais d'elle
製作年 1967年
製作国 フランス
配給 フランス映画社
上映時間 87分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「彼女について私が知っている二、三の事柄」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi