女は女である
ホーム > 作品情報 > 映画「女は女である」
メニュー

女は女である

劇場公開日

解説

「勝手にしやがれ」で一躍名をあげた若いヌーベル・バーグの監督ジャン・リュック・ゴダールが自ら脚本を書き演出したコメディ。撮影はラウール・クタール、美術はべルナール・エヴァンと新進の技術者が担当。音楽はべテランのミシェル・ルグラン。出演者は新人アンナ・カリーナと、ジャン・クロード・ブリアリ、ジャン・ポール・べルモンドなど。イーストマンカラー・フランスコープ。

ストーリー

パリの下町の小さな本屋の店に働くエミール(ジャン・クロード・ブリアリ)はストリップ・ガールのアンジェラ(アンナ・カリーナ)と同棲している。そのアンジェラが、どうしたはずみか急に赤ん坊が欲しいと言い出す。そのことで、二人はどうも意見が合わず、喧嘩がたえない。男のエミールにしてみれば、子供はいらないし、正式な結婚なんかしない方が都合がいいからだ。どうしても子供を生むと意地になったアンジェラは他の男に頼んでつくってもらうと、おだやかならぬ宣告をする。本当のところアンジェラを愛しているエミールはこの言葉に動揺するが、いまさらあとへは引けない。勝手にしろ、というしかないのだ。彼女はついに、同じアパートの下の部屋に住むパーキング・メーター係りのアルフレッド(ジャン・ポール・ベルモンド)に頼むと言い出す。アルフレッドはかねてからアンジェラに色目をつかっていたのだ。そして、ある日、アンジェラはとうとう心を決めてアルフレッドと寝てしまったのである。夜おそくエミールの許に帰って来たアンジェラ。二人は黙々として枕をならべる。やがてエミールが口を切る。「ほんとにあいつの子供ができたかどうか分らないよ。だからためしにぼくの子供をつくってみようよ」エミールはアンジェラを抱く。愛している女に子供を生ませるのは当然なんだと思いながら。...

作品データ

原題 Une Femme est une Femme
製作年 1961年
製作国 フランス
配給 新外映

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第11回 ベルリン国際映画祭(1961年)

ノミネート
銀熊賞(最優秀女優賞) アンナ・カリーナ
銀熊・審査員特別賞 ジャン=リュック・ゴダール

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全3件)
  • ポップでキュートな実験映画。 ゴダールは天然でお洒落な斬新な映画を撮ってしまう人だなぁと。 音楽の使い方に色彩に観客に向けての語りに繰り返しの演出と今、観ても新しいし60年代に撮った現実が凄い。 今の時代で斬新で画期的な映画... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年5月30日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • こちらも古い ネタバレ! タイトルから衣装までいたるところに赤や青や目につく色が使われててすごいなあと感心しました。 ストーリーは最初から最後まで男と女の喧嘩によるもの。単純なのか複雑なのか分からず、なんか知り合いカップ... ...続きを読む

    ふ さん  2015年11月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • コメディのルーツは、ここになるのかな “ヌーヴェルヴァーグの50年”という 特集上映内で『夜と霧』と2本立てで旧作を堪能すべく鑑賞してきました。 リーフレットのあらすじによると ミュージカル調のコメディとのころ。 『地下鉄のザジ』み... ...続きを読む

    septaka septakaさん  2009年12月30日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

女は女である(字幕版) 女は女である 女は女である 女は女である
女は女である(字幕版) 女は女である 女は女である 女は女である
2015年7月10日 2015年7月23日 2016年10月15日 2015年10月27日
¥300 ¥324 ¥500 ¥432
iTunes DMM.com ビデオマーケット GYAO!ストア
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「女は女である」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi