セデック・バレの真実
ホーム > 作品情報 > 映画「セデック・バレの真実」
メニュー

セデック・バレの真実

劇場公開日

解説

台湾で大ヒットを記録し、日本でも話題となった「セデック・バレ」2部作(2011)で描かれた「霧社事件」の真実を探るドキュメンタリー。1930年10月27日、日本統治下の台湾で、先住民セデック族による大規模な抗日暴動事件が起こる。霧社セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオを中心とした300人あまりが、霧社各地の駐在所や学校を襲撃。日本人のみが狙われ、約140人が殺害された。その後の日本軍の反攻により、蜂起した約1000人は死亡し、生存者約550人も投降した。近年の中国で反日のシンボルともされた同事件の加害者、被害者それぞれの遺族や歴史学者へのインタビュー、そしてセデック族発祥の地と言われる巨石「プスクニ」を探す旅を記録し、事件の真実に迫る。

キャスト

作品データ

原題 余生
製作年 2013年
製作国 台湾
配給 オリオフィルムズ、マクザム
上映時間 154分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全1件)
  • 霧社事件、ルーツと向き合う人々。 'セデック・バレ'を観た人、台湾の原住民や近現代史に興味のある人は、一度観ておいてもイイよね、というドキュメンタリー。 映像は2009年頃のモノだと思うので、まだ廬山温泉が(災害で)やられてない... ...続きを読む

    Nori Noriさん  2014年8月25日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「セデック・バレの真実」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi