S21 クメール・ルージュの虐殺者たち
ホーム > 作品情報 > 映画「S21 クメール・ルージュの虐殺者たち」
メニュー

S21 クメール・ルージュの虐殺者たち

劇場公開日

解説

1万7000人もの拷問と処刑が実行されたカンボジアの政治犯収容所「S21」の真実に迫り、ドキュメンタリー作家リティー・パニュの代表作となった衝撃作。クメール・ルージュ政権下の1975年から79年にかけて大虐殺が繰り広げられた「S21」。現在は虐殺博物館となっているこの場所に、かつての捕虜と看守を集めて対話させる。さらに被害者と加害者に当時の状況を再現させることで、凄惨を極めた拷問・処刑の様子が25年の時を超えて明らかになっていく。カンヌ国際映画祭への出品やシカゴ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞するなど、世界的に大きな反響を呼んだ。アカデミー外国語映画賞にノミネートされたパニュ監督作「消えた画(え) クメール・ルージュの真実」の劇場公開にあわせた特集「虐殺の記憶を超えて リティ・パニュ監督特集」で上映。

作品データ

原題 S-21, la machine de mort Khmere rouge
製作年 2002年
製作国 カンボジア・フランス合作
配給 太秦
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「S21 クメール・ルージュの虐殺者たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi