リティー・パニュ監督「消えた画」劇場公開記念 特集上映開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年6月9日 > リティー・パニュ監督「消えた画」劇場公開記念 特集上映開催
メニュー

リティー・パニュ監督「消えた画」劇場公開記念 特集上映開催

2014年6月9日 17:00

「S21 クメール・ルージュの虐殺者たち」の一場面「消えた画 クメール・ルージュの真実」

「S21 クメール・ルージュの虐殺者たち」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ポルポト率いるクメール・ルージュによって行われた迫害や虐殺を、土人形を用いたクレイアニメーションと当時の貴重なアーカイブ映像で表現した、リティー・パニュ監督の最新作「消えた画 クメール・ルージュの真実」の公開を記念し、パニュ監督の代表作を紹介する特集上映「虐殺の記憶を超えて リティ・パニュ監督特集」が、6月28日からユーロスペースで開催される。

パニュ監督は、カンボジアで生まれ、クメール・ルージュの支配下、13歳で労働キャンプを脱出しフランスに渡り、映画監督になるという驚くべき人生を歩んできた。そして自ら体験した「虐殺の記憶」を伝えるために、フィクションとドキュメンタリーの垣根を超える作品を数多く製作してきた。

今回の特集上映では、パニュ監督の代表作「S21 クメール・ルージュの虐殺者たち」(2002)、 大江健三郎の芥川賞受賞作をカンボジアを舞台に映画化した「飼育」(11)のほか、「さすらう者たちの地」(00)、「アンコールの人々」(03)、「紙は余燼(よじん)を包めない」(06)の5作品を上映する。

「虐殺の記憶を超えて リティ・パニュ監督特集」6月28日から7月4日までユーロスペースで開催。

飼育[DVD] 飼育[DVD] 最安価格: ¥4,158 大江健三郎原作の同名小説を、大島渚が初めて独立プロで監督した問題作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi