夜に生きる
ホーム > 作品情報 > 映画「夜に生きる」
メニュー

夜に生きる

劇場公開日

解説

アカデミー賞を受賞した「アルゴ」以来となるベン・アフレックの監督作で、「ミスティック・リバー」やアフレックの初長編監督作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」でも知られるデニス・ルヘインのノワール小説を映画化した犯罪ドラマ。禁酒法時代のボストンで厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、ギャングの世界に足を踏み入れていく。ある日、強盗に入った賭博場でジョーはエマと出会い、やがて2人は恋に落ちる。しかし、エマは対立組織のボスの娼婦で、超えてはいけない一線を超えてしまったジョーの運命は大きく狂わされていく。共演にエル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ。アフレックは監督のほか製作、脚本、主演も務めている。

作品データ

原題 Live by Night
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 129分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

特集

最旬ベン・アフレック監督×傑作クライム小説!アカデミー賞から愛された「アルゴ」から5年《ポスト・イーストウッド》と称される理由とは?
特集

監督兼俳優として高い評価を集めるベン・アフレックが、アカデミー賞3部門受賞作「アルゴ」以来、5年ぶりにメガホンをとった「夜に生きる」が、5月20日より全国公開。原作は全米で空前のベストセラーを記録した傑作クライム小説。1920年代のア...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が
夜に生きるの映画評論・批評

ベン・アフレックの監督第1作は、デニス・ルヘイン原作の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(07)だった。ふたりはボストンでつながり、犯罪を扱ったフィクションでつながる。「夜に生きる」は、両者が10年ぶりに組んだ映画だ。ルヘインの書いた〈ジョ...夜に生きるの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全39件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「夜に生きる」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi