チョコレートドーナツのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ

劇場公開日 2014年4月19日
207件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

話せないと権利がない社会

ダウン症でなくても、社会に対して言葉を持たない人はいつでも弱い立場にあって、その為に教育があり、知識や教養がある人が弱者を守らないといけないと思う。
アメリカという国はいろんな人を受け入れているようで、そうでないことが多く感じる。
時代が違ったら、場所が違ったらと思うのは悲しい

em
emさん / 2017年12月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸せとは。

それぞれが考える幸せの法則が違うからこそのこの結果だと思いたい。
愛に溢れた映画だった。

soleilヾ(´ε`○)
soleilヾ(´ε`○)さん / 2017年12月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サッドエンドなんだね。

期待しすぎたかも

sy
syさん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親の資格を問う時代

子供を巡る問題だが、児童心理の専門家等の見解等は重要視されず、子供は寧ろ蚊帳の外に置かれている。ゲイである事が問題とされるが、子供への影響は確認されておらず、ゲイが普通の夫婦等より格下とされているからだろう。格付をして格上を優先する、優先順位を付ける等の問題解決の方法もあるが、格付は偏見や身勝手の正当化の代表的な手段でもある。

ひろち
ひろちさん / 2017年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛に溢れる切ない映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

世間では偏見を持たれるゲイカップルが、薬漬けのお母さんに放置されたダウン症の息子を本当の子供ように愛情を注ぎ、一緒に暮らしていけるよう一生懸命生きる、愛に溢れた切ない映画でした。

ラストでマルコは二人の住む家を探すため三日間歩き回って橋の下で死んでしまいました。
なんて悲しいのでしょう。
母親は仮釈放でまた薬漬けの生活をしていました。
最低は母親です。
生みの親より育ての親といってもいいほど、ゲイカップルの方がよほどマルコに愛を注いでいた親でした。
マルコは何も悪く無いのに悲しいですね。
胸が痛くなる映画でした。

映画のタイトルの意味も見ればすごく伝わります。
ハッピーエンドが好きだったらマルコが、なぜアンハッピーな結末を迎えなければならなかったのか。
1年と言う短い時間でも、二人と過ごせた時間はマルコにとって最高に愛を感じた時間だったんじゃ無いかなと思います。

ゆっこ
ゆっこさん / 2017年8月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きな映画は何?と聞かれてこの映画のタイトルが出てくる人はまず間違いなく人格者だと思うに1票。

舞台は70年台アメリカ。
いまだ人種差別が色濃く残るアメリカでゲイのショーダンサー、ゲイであることをひた隠しにして暮らす弁護士、母親に育児を放棄されたダウン症の男の子という"はみ出しもの"の3人が一緒になって暮らすという物語。
もちろん観る人によって感じ方は人それぞれだと思いますが、この作品で描かれているのは"見返りを求めることなく相手を思いやる心"だと私は思います。
世の風当たりが強い中でわざわざ3人が手を取り合って暮らそうとするのは、同じはみ出しもの同士なだけに何か、3人にしか分からない"うまくいく部分"があるからではないでしょうか。
それともう一つ、この作品の大きな見所になっているのは主演アラン・カミングの圧倒的な歌唱力とステージパフォーマンス。脱帽です。
TSUTAYAで借りて1週間で5回観た作品。(笑)
映画館で観なかったことが本当に悔やまれる作品。
おすすめの映画です。

テツ
テツさん / 2017年8月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ゴリ押し気味 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主人公と逆の立場からの感想。

まず、施設をひとくくりで地獄扱いするのはどうか。
もちろん施設ごとの良し悪しはあるだろけど、
「児童養護施設=子どもの不幸」は一種のレッテル張りだろう。

それと、差別と関係なくそもそも主人公に監護権を与えるべきだろうか。
監護権とは、要は親の代わりになるという話で、とても重い。
現実の裁判では、想いが通じたとかの抽象的な理由で簡単に渡せる権利ではなく、
ただの隣人でしかも正規の手続を踏み倒し続けた人物に与えてよいものか、という話である。

実話を基にしているらしいが、だからこそ、
裁判官ともあろう立場の者が簡単に差別を振りかざせるはずはなく、
両方の言い分を十分に描かないと説得力がない。

主人公は愛に溢れていると思うけど、それはそれ。
社会問題を提起した映画なのであれば、
感情論・結果論で主人公の正当性をゴリ押しするのではなく、
必要な事実は描いてほしかった。

もりり
もりりさん / 2017年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラブストーリー。最後が衝撃。悲しい。

ラブストーリー。最後が衝撃。悲しい。

kky
kkyさん / 2017年7月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Anyday now, anyday now,I shall be released

おやすみの前に聞きたいお話は、ドーナツが大好きな魔法少年マルコのハッピー・エンドを求める物語だったのに…。

人を裁く人の正義ってルールに乗っ取るだけの他人事だった。本当の愛は痛みを経験しないとわからないと歯痒くなった。見た目だけの偏見が強かった1970年代。マルコのラストに、判事たちの判決に、色々考えさせられた映画でした。

sayuki
sayukiさん / 2017年7月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切ない

家族愛の力強さ、そして差別や偏見へのもどかしさを感じた。
どんな愛の形があってもいいではないか。
同性愛差別や障害の問題が含まれた考えさせられる映画だった。

さわ
さわさん / 2017年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族の形はそれぞれ

同性愛者が主人公という時点で興味惹かれて、鑑賞。

ダウン症を生まれ持った方が、どんな風に日常生活を送っているのかとか、そこらへんも興味があった。

観る前に予想した内容とは少し違うものだったけど、
鑑賞後に感慨深い気持ちになる良い作品。
いわゆる考えさせられる映画だった。

1970年代ということもあって、やはり「古い時代の話」だと自分の中でフィルターがかかってしまうのは仕方がない。
同性愛者やダウン症を持った人と関わりが薄い私にとって、リアリティに欠ける部分は否めなかったが、
家族の形はそれぞれあることを教えてくれた。

男性が男性を好きになろうが、
障害をもつ他人を我が子のように可愛がろうが、
人それぞれ。

私たちは世間からの体裁や、一般的な「普通でいること」をつい意識してしまう。
どんなに周りから変なやつだと言われても、
自分の信念を曲げない勇気はすばらしい。

あまり期待せず見た作品だったが、
思わずジーンとしてしまった。

心の栄養になる作品だった。

桜子
桜子さん / 2017年5月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1979年

おやすみの前に聞きたいお話は、魔法少年マルコのハッピー・エンドの物語。3人はただそれを求めていただけだ。お互いを思いやる愛情と、安定した経済力(結構大事)があれば、他者が家族になることは何の問題もないはずだ。実話を基にした映画。

外は雨
外は雨さん / 2017年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごく悲しかったから、レビュー残さなきゃ

LGBTものはちょいちょい観ます。名作が多いです。そのくらい、マイノリティーに対する監督さんの想いとか、悲しみとか、優しさとか、色んなものが伝わるからですよね。

決して押し付けがましくないし、静かだったりするほど、世の中の不条理だとか冷たさとか不平等なってとことか、人間の心の狭さみたいなものを、自分に中にも感じて苦しくなります。

どうか、この世の全ての人が、死ぬ間際にいい人生だった、幸せな一生だったと思えますように。

ゆ~きち
ゆ~きちさん / 2017年5月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ホントに胸を打つ作品

映画は評判通りとても良かったです!! 共感とともにやさしい気持ちにさせてくれて、エンディングロールでじんわりと涙が滲んできました。

むっしゅ
むっしゅさん / 2017年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣ける…

実際にアメリカで起こった同性愛者が育児放棄された障害児を育てたという実話に基づいた映画ということで、評判もよかったので鑑賞した。
ゲイのカップルが育児放棄された障害児を実の子のように愛し、育てたのにゲイであることが原因で裁判沙汰に…
性についてとても考えさせられる映画でありながら、障害についてもテーマとして内包し、非常に重い内容。
音楽がとても良く、ストーリーに完璧にマッチしていた。
性や障害者についてとても考えさせられる作品だった。

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2017年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

huluでみた。 「偏見」は嫌だ。 見た目とかだけではなくて、きち...

huluでみた。

「偏見」は嫌だ。
見た目とかだけではなくて、きちんと人間性をみて判断してほしい。
本当に愛に溢れた人は素晴らしい。
このストーリーが実話っていうことが何より悲しい。

あもっく
あもっくさん / 2017年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲイカップルと母に捨てられたダウン症児が差別的な社会にめげずに生き...

ゲイカップルと母に捨てられたダウン症児が差別的な社会にめげずに生きていく話。女装シンガーの熱唱にはじまり熱唱におわる。お涙頂戴ものなのに、一生懸命な自分と悪い社会という露骨で単純なつくりに、一粒も泣けなかった。これに感動した人がたくさんいるなんて、世の中は広いな。2点

かんりにん
かんりにんさん / 2017年4月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切なかった

偏見と差別が根強かった1970年代に本当にあった実話‥
育児放棄でいつも孤独だった知的障害のマルコゲイカップルの2人が本当の家族以上に愛情をもってマルコと過ごす
それを偏見で引き離す‥そしてラスト(泣)

切なすぎた

mami
mamiさん / 2017年3月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲイというだけでマルコを守れない。 その痛みがひしひしと伝わってく...

ゲイというだけでマルコを守れない。
その痛みがひしひしと伝わってくる。
マルコの表情の変化が何よりも魅力的だ。
「これ、僕の部屋?」と尋ね、そうだよと言われたときのあの表情。徐々に2人と打ち解けていく様子。
結末は悲しいが、いい話だった。

まゆ
まゆさん / 2017年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高。

こういう感動映画はあんまり見たことなかったけど、別に感動や涙を狙わず、本気で傑作をつくろうと思ってつくった感じがあってそれが逆に自分の心を揺さぶった。

Shuuuuu!!!
Shuuuuu!!!さん / 2017年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

207件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi