インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ホーム > 作品情報 > 映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
メニュー

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

劇場公開日

解説

「ノーカントリー」「トゥルー・グリット」のコーエン兄弟が、2013年・第66回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品。1960年代のフォークシーンを代表するミュージシャン、デイブ・バン・ロンクの生涯を下敷きに、売れない若手フォークシンガーの1週間をユーモラスに描いた。60年代の冬のニューヨーク。シンガーソングライターのルーウィンは、ライブハウスで歌い続けながらも、なかなか売れることができずにいた。音楽で食べていくことをあきらめかけていたが、それでも友人たちの助けを借り、なんとか日々を送っていく。「ロビン・フッド」「ドライヴ」などに出演したオスカー・アイザックがルーウィン役を演じ、歌声も披露。音楽に「オー・ブラザー!」「クレイジー・ハート」のT=ボーン・バーネット。

作品データ

原題 Inside Llewyn Davis
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 104分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート
撮影賞 ブリュノ・デルボネル
録音賞  

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

ノミネート
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) オスカー・アイザック
最優秀主題歌賞 “Please Mr. Kennedy”

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

受賞
コンペティション部門
グランプリ ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
出品
コンペティション部門
出品作品 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

60年代フォークシンガーの通俗を、特別なものへと変容させる猫の映画
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の映画評論・批評

ボブ・ディランにも影響を与えたデイブ・バン・ロンクをモデルにした物語、ということだが、実はこのふたり、ディランのレコーディングを巡って気まずい関係にもなっていて、そのことを知っているとラストシーンのディランらしき人物のシルエットと歌に...インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全41件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi