フォックスキャッチャー
ホーム > 作品情報 > 映画「フォックスキャッチャー」
メニュー

フォックスキャッチャー

劇場公開日

解説

「マネーボール」「カポーティ」のベネット・ミラー監督が、1996年にアメリカで起こったデュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンによるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化し、2014年・第67回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したサスペンスドラマ。ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手マーク・シュルツは、デュポン財閥の御曹司ジョンから、ソウルオリンピックでのメダル獲得を目指すレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われる。同じく金メダリストの兄デイブへのコンプレックスから抜けだすことを願っていたマークは、最高のトレーニング環境を用意してくれるという絶好のチャンスに飛びつくが、デュポンのエキセントリックな行動に振り回されるようになっていく。やがてデイブもチームに加入することになり、そこから3人の運命は思わぬ方向へと転がっていく。「40歳の童貞男」のスティーブ・カレルがコメディ演技を封印し、心に闇を抱える財閥御曹司役をシリアスに怪演。メダリスト兄弟の兄をマーク・ラファロ、弟をチャニング・テイタムが演じた。

作品データ

原題 Foxcatcher
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 135分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第87回 アカデミー賞(2015年)

ノミネート
監督賞 ベネット・ミラー
主演男優賞 スティーブ・カレル
助演男優賞 マーク・ラファロ
脚本賞 E・マックス・フライ ダン・ファターマン
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) スティーブ・カレル
最優秀助演男優賞 マーク・ラファロ

第67回 カンヌ国際映画祭(2014年)

受賞
コンペティション部門
監督賞 ベネット・ミラー
出品
コンペティション部門
出品作品 ベネット・ミラー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

奇妙に歪んだ相互依存関係の中で発酵していく愛憎と狂気
フォックスキャッチャーの映画評論・批評

ベネット・ミラーは、アメリカ現代史の深層に横たわる病理をあたかも冷徹な臨床医師であるかのような眼差しで観察する不敵な映画作家である。「カポーティ」では天才作家トルーマン・カポーティと彼の代表作「冷血」のモデルとなった殺人犯ペリー・スミ...フォックスキャッチャーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全101件)
  • 意味不明な映画でした 意味不明な映画でした ...続きを読む

    さえ さえさん  2017年6月10日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 言葉が足りない 大富豪デュポン氏の道楽の話。 金メダリストを金で囲う。戦車を買う。充実のレスリング場を作る。そこをアメリカ代表の専用練習場にしようとする。何故か鳥の本も出してる。自分中心のドキュメンタリー番組を... ...続きを読む

    クリストフ クリストフさん  2017年4月25日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ダークで不快 おまけに事件がきちんと解決しない。観ていても居心地が悪すぎる❗️ ジョンとマークのレスリングシーンはハァハァと荒い息遣いだけが響きまるでSEX❗️ 兄からの愛が得られないからジョンに流されたがジ... ...続きを読む

    レイ零号機 レイ零号機さん  2017年3月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

フォックスキャッチャー フォックスキャッチャー フォックスキャッチャー フォックスキャッチャー
フォックスキャッチャー フォックスキャッチャー フォックスキャッチャー フォックスキャッチャー
2016年12月6日 2017年6月21日 2016年10月27日 2015年9月4日
¥300 ¥205 ¥300 ¥200
Google Play DMM.com U-NEXT dTV
※600円分無料
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi