フォックスキャッチャーのレビュー・感想・評価

フォックスキャッチャー

劇場公開日 2015年2月14日
103件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

不快真実

(ストーリー:3・キャスト:4・映像:3)
前情報もなく、どんな映画かわからずに、何の話かもわからずに
見たが、なぜか引き込まれてしまった。真実だけに別にストーリーは
面白くないけど、見終わった後には疲れた。

Taka Tanizawa
Taka Tanizawaさん / 2017年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●静かで深い欲望の先に。

兄へのコンプレックス。母へのコンプレックス。レスリングで見返したいという共通点。ジョン・デュポン役のスティーブ・カレルの鼻の高さが、なんだか高貴でコワイ。レスリングへの情熱は本物だったみただけど。ちなみに彼はコメディ俳優なのね。

しかし、満足は金では買えないってことかな。月並みだけど。

見終えて真相を知る。謎の多い事件だ。精神疾患もあったようだが、殺害原因はよくわからない。やっぱり財閥系だから真実は隠されたのかなとか、本人が死んだから作品化できたのだろうとか、でもデュポン家はこの映画にゃ怒ってんだろうなとか、いろいろ考えてしまう。

うり坊033
うり坊033さん / 2017年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味不明な映画でした

意味不明な映画でした

さえ
さえさん / 2017年6月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言葉が足りない

大富豪デュポン氏の道楽の話。

金メダリストを金で囲う。戦車を買う。充実のレスリング場を作る。そこをアメリカ代表の専用練習場にしようとする。何故か鳥の本も出してる。自分中心のドキュメンタリー番組を作らせる。挙句の果てには、自分が請うた金メダリストを射殺してしまう。

やりたい放題なのに、何故かジョンデュポンには満足感は無い。

本当に欲しいものは、自身の身になる強さであり、だから具体化した戦車を買っちゃうのであったり、本当の仲間であったのだが、ジョンは金で解決する方法しか知らないから仲間たちも金で招聘したりして、その内実は誰にも分らなかった。

射殺のシーンなんて「別に」で殺しちゃうんだぜ!
「お前の○○が気に入らない」とか言えばさ、その場で殺さずに済んだのかもしれないのに。

やっぱり言葉って大事だよ。
一を聞いて十分かるより、一から十まで聞いた方が、ホントのコミュニケーションとしては正解だよ。

スティーブカレルが常に怖い。コメディアンなのに。

クリストフ
クリストフさん / 2017年4月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダークで不快

おまけに事件がきちんと解決しない。観ていても居心地が悪すぎる❗️
ジョンとマークのレスリングシーンはハァハァと荒い息遣いだけが響きまるでSEX❗️
兄からの愛が得られないからジョンに流されたがジョンも愛ではなく支配しようとした。支配を拒んでいた時愛をくれない兄がまた現れたら自立したくなるマークの混乱した気持ちはわかる。
ミリオネアのジョンがどうしても得られない強さ、人々からの敬意、愛する家族を持つデイヴを深く嫉妬し憎悪する気持ちもわかる。
わかるからこそその後に起こる兄弟の悲劇をただ観ているだけで止められない事が不快でたまらない……。

レイ零号機
レイ零号機さん / 2017年3月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内容もさることながら、無駄な台詞やBGMもなく、演技だけで表現する...

内容もさることながら、無駄な台詞やBGMもなく、演技だけで表現する・伝わるという事が映画の本質だなぁと再認識させられました。

JOHNNY Winston
JOHNNY Winstonさん / 2016年9月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大富豪の我儘。

重厚なドラマ演出にデュポンに弟は滑稽でその反面兄は輝かしく順風満帆な私生活。

見栄はりなデュポン、金持ち息子に翻弄され全てが狂ってしまう兄弟。

デュポンも弟も兄に嫉妬していただけ。

実力も才能も皆無な金で思い通りになっても気がすまない最後の身勝手な選択。

日曜に家族サービスで断られた寂しい表情のデュポンが滑稽で笑えてしまう。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 怖い 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗雲とした雰囲気 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

季節で言えば冬。
終始陰湿な雰囲気が漂っていて良い。
デュポンが気持ち悪すぎるところと、
周囲に認められなかった弟が
デュポンに惹かれていく様子がよくわかった。
デュポンも弟も、他者に認められたいという欲求が強いんだな。

と、実話ということで、
かなりの恐怖を感じたのだけど、
事実とは随分違うようで…
本人からしたら、とんでもない話のようで。
実話を元にしたフィクション、のようだ。

so
soさん / 2016年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

文句なしのアカデミー賞ノミネートの謳い文句は嘘じゃなかった。終始薄...

文句なしのアカデミー賞ノミネートの謳い文句は嘘じゃなかった。終始薄ら怖い演出も、主役3人の表現も素晴らしい。自分の欲とそれがままならない環境から徐々に狂い出し爆発する様子が静かに淡々と描かれて目が離せなくなる一本。

j939v
j939vさん / 2016年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終始ヤバイ雰囲気 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

評判がよかったので観ました。ラストのデュポンが車の窓を開けるシーンが恐怖でした。前半から、ちょいちょいこの人ヤバイだろ(笑)というシーンが(自作のPV的なビデオや本を見せる辺り)重苦しい雰囲気と怖さがあって、笑えませんでした…。
結局、お金では手に入らないものがデュポンは一番欲しかったのかと考えさせられました。ただ、それで簡単に殺しちゃうのはやっぱり恐ろしい((((;゜Д゜)))
結論:3人とも凄い演技

にゃんた
にゃんたさん / 2016年3月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カレルに全部持ってカレル

兎に角、イカレルカレルが気持ち悪い。

陰気で重いまま最悪の結末とか、個人的にこの映画を最後迄、好きになれなかった。

スティーブ・カレルとマーク・ラファロの変貌っぷりは、凄かった。

おりこう
おりこうさん / 2016年3月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お金持ち独特の常人離れしたというか、ちょっと変な感じが、最初から何...

お金持ち独特の常人離れしたというか、ちょっと変な感じが、最初から何するかわからない得体の知れなさで、デュポンがチョーこわい。
この映画のなにがおもしろいんだろう?と不思議なんだけど、ひきつけられてしまった。
それにしてもレスリングって笑っちゃうよね。

まるこ
まるこさん / 2016年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

演出のトーンから嫌な結末がプンプン臭ってた。展開が次々と変わってい...

演出のトーンから嫌な結末がプンプン臭ってた。展開が次々と変わっていくわけではないので、空気感も変えず進んでったのが、後味の悪いラストを際立たせたんだと思う。

susumu takeda
susumu takedaさん / 2016年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心の空虚を埋められない人、ジョンデュポン

母に認められたい、自分が自分を認めたいという思いの先にある、絶望と嫉妬を描いた作品。終始、ほのかに恐ろしい雰囲気が漂う。どことなく、無理に生きている感じだ。
レスリングで選手を育てて、彼らの優勝を自分の誇りや存在価値に転換しようとするが、母からは全く認められない。彼自身が主催した大会で勝利しても、全く顧みられることがない。
こうした埋められない気持ちを、虚栄心や露骨なドキュメンタリーを作って埋めようとしても、どうしようも空虚なまま。彼は、真に偉大なシュルツを殺すに至るのである。自分が得られない全てを持っているかのような彼を。
弟の方を教育しようとするが、最初は慕っていつつも、次第に彼に嫌われると、それによって空虚感は一層深まったのだろう。

夢見る電気羊
夢見る電気羊さん / 2016年2月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

孤独と愛情と狂気

権力者故の孤独と愛情、狂気。いつ踏み外してもおかしくない淡々と進む物語が恐い。ラストは希望も皮肉も感じられて良かったかな。

鍵泥棒
鍵泥棒さん / 2016年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

奇行

ドラッグのせいか、母に最後まで認めてもらえず、思っていた結果もでなかったことでの奇行か?

上みちる
上みちるさん / 2016年2月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それぞれの欲望

金持ちだが心に闇を抱える男が孤独で自立を望むレスリング選手と出会いやがて兄を巻き込み狂気に飲み込まれる。結局マークは単に自己満足の道具としてみなされていたのではないだろうか。演技は素晴らしい。

素子
素子さん / 2016年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時節入る暗転がおどろおどろしい。時系列が事実と異なる

フォックスキャッチャーは馬の名前からとった、とあるのに映画では冒頭から猟犬の写真がでてくるなど色々ミスリードを誘う描写が多い映画。マーク・シュルツのその後が一番気になるのに何故か一番雑な扱い。

eli
eliさん / 2016年2月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事実をもとにしているが事実とはあまりに異なるストーリー

映画を観終わってから知りましたが、マークがそもそもフォックスキャッチャーで練習したこてないなど、事実とかなり異なるストーリーとのこと。事実をもとにした完全なフィクション映画出というわけですが、各俳優陣の演技はそれと関係なく素晴らしかったです。

ぴよくん
ぴよくんさん / 2016年2月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

40歳の童貞男の続編 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「フォックスキャッチャー」見ました。最高でした。傑作との評価は聞いていたが、ここまで凄まじいとは思わなかったし、劇場で観なかったことを本当に後悔させる。

ストーリーに新鮮さは特になし。だって知ってますしね、結末等々は。ただそれは、長回しだったり、無音表現だったりといった演出でカバーできてる。言わば徹底した雰囲気作りがハマった。場面場面で笑えるやり取りがあったりするけど、それを許さない重い空気がある。非常に強かったです。

あとやっぱりこれが1番だと思うんですけど、スティーブカレルの演技が気持ち悪くて素晴らしいです。全部見てるわけじゃないけど、カレル史上屈指でしょう。気持ち悪さの象徴は特殊メイクを駆使した顔面蒼白と無表情だと思うけど、彼は常に顎を上げてモノを見てるんです。その時の彼の心情は正確には汲み取れないけど、恐らくは他社の事を理解しようと遠くを見るような目で顎を上げて、対象を見つめてるのだと感じました。なぜそう思ったかと言うと、彼自身、自分が変わり者だと少なからず理解してるんだなとおもったからです。例えば、スティーブカレルが警官と射撃場で射撃練習をしてると、ジョギングで通りかかったチームが「あんた最高だぜ!」バリの事を言うと、無反応無表情に顎を上げた不思議そうな目でジーッと見つめるんです。その次のシーンで道場に現れて「ちゃんと練習しなさい!」って場面はあるけど、真意はそうじゃないだろうなって思わせる辺りが本当に不穏だし、なによりゾクッと怖い。

話自体は全く違うけど、なんとなく「アメリカンスナイパー」を連想させる。全体のテンションは低いけどなんか息苦しく感じる作品の雰囲気は、映画館で体感したかったと後悔。プンプンです。

総じて傑作です。2015年に劇場で見ていたら、間違いなくベスト3には入ったであろう。

三遊亭大ピンチ
三遊亭大ピンチさん / 2016年1月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

103件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi