ムード・インディゴ うたかたの日々
ホーム > 作品情報 > 映画「ムード・インディゴ うたかたの日々」
メニュー

ムード・インディゴ うたかたの日々

劇場公開日

解説

フランスの小説家であり、作詞家、ジャズトランペット奏者、歌手など幅広く活躍しながらも、1959年に39歳の若さで他界したボリス・ビアンの名作青春小説「うたかたの日々(日々の泡)」を、「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が映画化。働かずに暮らせるほどの財産をもち、自由に生きていた青年コランは、無垢な魂を持つ女性クロエと恋に落ちる。盛大な結婚式を挙げ、幸せな日々を送っていた2人だが、クロエが肺の中に睡蓮が芽吹くという不思議な病に侵されてしまう。高額な治療費のために働き始めたコランの人生は次第に狂いはじめ、クロエも日に日に衰弱していくが……。コラン役に「真夜中のピアニスト」のロマン・デュリス、クロエ役に「アメリ」のオドレイ・トトゥ。上映時間95分のインターナショナル版のほか、131分のディレクターズカット版も一部で上映。

作品データ

原題 L'ecume des jours
製作年 2013年
製作国 フランス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 95分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

インタビュー

「思春期に戻ったような気分になった」M・ゴンドリーが撮影を語る
インタビュー

ちょうど去年の今頃、パリ郊外のスタジオで新作「ムード・インディゴ うたかたの日々」を撮影しているミシェル・ゴンドリーを訪れる機会があった。セットのアパルトマンの部屋を一歩入ると、なぜか湯沸かし器ばかりが何台も並んだキッチンの一角にプチ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

原作者の無邪気な感性を、ゴンドリーは遊び心たっぷりに映画へと翻訳
ムード・インディゴ うたかたの日々の映画評論・批評

「人生で大切なのは綺麗な女の子との恋愛と、デューク・エリントンの音楽だけ。あとは消えてしまえばいい、醜いから」。粋人だったボリス・ビアンが序文にそう書いた摩訶不思議な小説は、自由な発想に満ちた、幻想的な青春恋愛小説。この作家とミシェル...ムード・インディゴ うたかたの日々の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全24件)
  • 世界観に入り込む ネタバレ! 鰻が飛び跳ねる様子、銃口を人肌で温めるバイト、食べ終わった皿を地面へ割り落とすディナー、小人、タイプライター、タバコを吸いながら行う手術。 そもそもどうして主人公はお金をたくさん持っているんだろ... ...続きを読む

    ツン子 ツン子さん  2016年6月16日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ファンタスティックとロマンチックと悲しみと温もりの日々 ネタバレ! 開幕早々、独創的な映像世界が炸裂! 始まって5分も経たないのに、あれやこれやそれや、イマジネーション豊かな世界観やユニークなアイテムの数々が有り過ぎて、とてもとても拾い切れないほど。 原作の魅力... ...続きを読む

    近大 近大さん  2016年5月18日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • トトゥさんはフランス版MRビーン! 映像は幻想的。前半ポップでシュールで可愛い感じが、主人公の心情と共にダークになっていく。 うーん。でも映像にはあんなに拘りが見られるのに、ストーリーには全くコストがかかってないんですね。 トトゥ... ...続きを読む

    サトチャ♡XX サトチャ♡XXさん  2016年2月16日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ムード・インディゴ~うたかたの日々~(字幕版) ムード・インディゴ~うたかたの日々~ ムード・インディゴ~うたかたの日々~ ムード・インディゴ うたかたの日々
ムード・インディゴ~うたかたの日々~(字幕版) ムード・インディゴ~うたかたの日々~ ムード・インディゴ~うたかたの日々~ ムード・インディゴ うたかたの日々
2014年4月3日 2014年4月2日 2014年3月29日 2016年1月23日
¥300 ¥500 ¥432 ¥400
iTunes ビデオマーケット GYAO!ストア ShowTime
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi