かぐや姫の物語 : 映画評論・批評

メニュー

かぐや姫の物語

劇場公開日 2013年11月23日
2013年11月19日更新 2013年11月23日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

「誰でも知っている物語」を飽きさせずに見せる演出と表現力

はぁーーあ。観終わった後、思わず深いため息をついてしまった。あまりにも集中していたせいである。まず浮かんだ感想は「ただただ圧倒的」。

日本最古の、日本人なら誰でも知っている物語は、なにも斬新な解釈でもって語られ直されているわけではない。奇をてらわず、現代の観客がかぐや姫の心情を深く理解できるようきめ細かく補足しているだけ。「姫の犯した罪と罰」というポイントをおさえつつもそこをことさら強調するわけではなく、最後に「ああ、そうだったんだ」とその思いがボディ・ブローのようにきいてくる感じ。紛れもなく私たちの知っている物語そのものなのだ。だというのに2時間17分、まったく飽きさせることなく観客の心を惹きつけ、かきたてる。

そこにはまず、画の力、演出の力がある。なめらかに動き、登場人物の心を雄弁に映し出すのは淡い色彩の水墨画のような描線の画。タッチやテンポを自在に変えながら、感情を描ききるアニメーション表現の豊かさ、美しさ、新鮮さ、力強さ!

そしてそれは姫だけにあてはまることではない。たとえば、幼い姫が近所の子たちに「たーけの子!」とはやし立てられ、よろよろ歩くのを見て、愛しさのあまりたまらず駆け寄る翁。手に取るようにわかる感情に思い入れられるからこそ、翁の犯した罪と罰もまたくっきりと浮かび上がり、せつなくてたまらなくなる。声優陣は完璧だし、劇中のわらべ唄、ラストに流れるテーマ曲も、物語の力を強く後押しして消えない余韻を残す。8年の歳月、50億円の製作費をかけた高畑勲監督のルナティックな執念は、見事な結実を見せている。

若林ゆり

関連コンテンツ

インタビュー

「かぐや姫の物語」に抜てきの朝倉あき、起用理由は「ワガママな声」
インタビュー

高畑勲監督の14年ぶりとなるスタジオジブリ最新作「かぐや姫の物語」がついに完成した。日本最古の物語文学である「竹取物語」を原作に、かぐや姫が地球に姿を現した理由と、やがて月へ去らねばならなかった波乱の運命を“かぐや姫の罪と罰”という視...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

かぐや姫の物語[DVD] かぐや姫の物語[Blu-ray/ブルーレイ]
かぐや姫の物語[DVD] かぐや姫の物語[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2014年12月3日 最安価格: ¥3,756 発売日:2014年12月3日 最安価格: ¥4,406
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全252件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi