ティモール島アタンブア39℃
ホーム > 作品情報 > 映画「ティモール島アタンブア39℃」
メニュー

ティモール島アタンブア39℃

解説

インドネシアを代表する映像作家リリ・リザが、東ティモールから多くの難民が流入した西ティモールの街アタンブアを舞台に、故郷の母を思う青年の日常をつづったヒューマンドラマ。2002年の東ティモール独立の混乱のさなかに父親と共にアタンブアに移住し、母や兄弟と離れ離れになった青年ジョアオ。酒浸りの父の世話をしながら暮らす彼の前に、美しい少女ニキーアが現われ……。2012年・第25回東京国際映画祭コンペティション部門で上映。

スタッフ

監督
脚本
リリ・リザ
製作
ミラ・レスマナ
製作総指揮
イグナティウス・アンディ
サンディ・スギハルト
トト・プラスティヤント
撮影
グナル・ニンプノ
編集
ワルヨ・イフワンディアルドノ
録音
スハディ
音楽
バスリ・シーラ

キャスト

  • グディーノ・ソアレス
  • ペトゥルス・ベイレト
  • プトゥリ・モルック

作品データ

原題 Atambua 39 ⁰Celsius
製作年 2012年
製作国 インドネシア
上映時間 90分

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ティモール島アタンブア39℃」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi