ロジャー・コーマン、東京国際映画祭審査を総括 宣伝の充実を提言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月31日 > ロジャー・コーマン、東京国際映画祭審査を総括 宣伝の充実を提言
メニュー

ロジャー・コーマン、東京国際映画祭審査を総括 宣伝の充実を提言

2012年10月31日 17:00

第25回東京国際映画祭コンペティション部門で 審査委員長を務めたロジャー・コーマン「もうひとりの息子」

第25回東京国際映画祭コンペティション部門で
審査委員長を務めたロジャー・コーマン
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「和やかな雰囲気の中で選考ができた。主要な賞に関しては、ほぼ満場一致で決まった」。節目となる第25回東京国際映画祭のコンペティション部門で審査委員長を務めた監督・プロデューサーのロジャー・コーマンは胸を張った。フランス映画「もうひとりの息子」が最高賞の東京サクラグランプリと最優秀監督賞をダブル受賞。韓国映画「未熟な犯罪者」が審査員特別賞と最優秀男優賞の2冠と、受賞作が偏った嫌いもあるが、コーマンは「選考の基準となったのは、映画の質のみ」と揺るぎない自信をのぞかせていた。

製作・監督した作品は600本以上に上り、独立映画の神、B級映画の帝王と称される重鎮。審査員の滝田洋二郎監督も「ビッグ・ダディ」と呼んで慕う御大は、終始にこやかな笑みを浮かべながら総括した。「1000本以上の中から選ばれた15本は、それぞれの国の文化、政治的な考え、信念の違いがよく出ていた。これまで多くの映画祭で審査員を経験してきたが、これほどフレンドリーな環境で和やかな選考ができたのは初めて。選考は各賞ごとに審査員に3本ずつ順位をつけて挙げてもらったが、その3本とも一致しているくらいスムーズで、主要な賞は満場一致で決まった。こんなことは珍しい」

結果は「もうひとりの息子」と「未熟な犯罪者」が主要部門を分け合った形。両作品に共通するのは、苦難を乗り越えて希望を見いだそうとする人間の強さだ。「選考の基準はとにかく映画の品質。『もうひとりの息子』は、1948年から紛争が始まりいまだに続いているイスラエルとパレスチナの問題について、双方を平等のバランスで見せている。政治的な背景だけでなく、微妙でセンシティブな題材を扱い、葛藤の中での希望、人間は皆平等であるということを私たちに伝えてくれた。『未熟な犯罪者』も、近代においてはどの国でも問題としてある社会の一番底辺のところに生まれてしまった人々の、ほとんど希望がない状態を描きながら、ラストシーンでもしかしたら希望があるのではと感じさせてくれる作品だった」

だが、ひとつの作品に複数の賞を贈ると、国際映画祭では往々にして有力な作品が少なかったと見られる傾向がある。これに対しては、「まったく気にしていない」と断言する。「選考の基準はとにかく映画の品質。審査員同士の話し合いで、グランプリ作品の監督は素晴らしい演出をしたわけだから必然的に監督賞につながるということも決めていた。そういう意味では、満場一致だったんだ。あえて言えば、最優秀男優賞に関しては『NO』のガエル・ガルシア・ベルナルも候補だった。一番困難だったのは最優秀女優賞で、随分多くの名前が挙がっていたのは事実だ」

日本から出品された「フラッシュバックメモリーズ 3D」は観客賞を受賞。審査員の選考からは漏れたが、コーマンは「アイ・ライク・ザ・フィルム・ベリー・マッチ」と個人的に高い評価をしている。

「音楽が非常に良かった。私も年だから、もうちょっと音楽が長かったらどうかなと思ったけれど、今までああいう音楽があることを知らなかった。そして、あの楽器(ディジュリドゥ)。オーストラリアの先住民のものだそうだが、それを日本のパフォーマーが演奏しアンダーグラウンドのスターになっていく非常に面白い作品だったと思う。この作品でも、ひとつ言えることは希望。交通事故に遭ったGOMAさんがパフォーマーとしてカムバックしたのだから。そして3Dもぴったりだった、特にあの楽器が画面から突き出てくるところなんか、テクニカルな面においても背景のイメージを非常にうまく作っていた」

コーマンは、1994年の第7回大会(京都開催)でヤングシネマ・コンペティションの審査委員長を務めた。それから18年、世界における東京国際映画祭の存在をどのようにとらえているのだろうか。「あの頃に比べれば、非常に洗練された素晴らしい位置まできていると思う。作品も、いいものがたくさんあった。何かひとつ足りないとしたら宣伝。もっと世の中の人に“東京国際映画祭ここにあり”という、パブリシティをしたらいいんじゃないか」

東京国際映画祭は節目の第25回を終えた。来年からは新たなチェアマンを迎え、次のステップへと踏み出す。コーマンは総論として、国際映画祭の意義、役割について言及し締めくくった。

「映画祭は、いろいろな国の文化が紹介される、本当に品質のいい映画が集まる場。今回は賞の対象にならなかったが、個人的にはインドネシアの『ティモール島アタンブア39℃』が好きだった。なぜなら、インドネシアの映画は商業的に成功して、世界中の人が見られるものではない。映画祭だからこそ、見ることができるからだ。非常に素朴な社会の出来事を見ることができたし、国際映画祭は一方でドイツやスカンジナビア諸国の近代的な社会を描いているものもある。とりあえず思うのは、どこの映画祭であろうと一番大事なのは作品が観客を楽しませること。そして、その中から何か心に響くような感情をもたせられればいい」

燃える惑星 大宇宙基地[DVD] 燃える惑星 大宇宙基地[DVD] 最安価格: ¥1,238 近未来、核戦争で生き残った人類は戦争という脅威からは開放されていなかった。二大国家は依然として冷戦状態の中、宇宙開発を競っていた。人類初の火星探査を成功させようとしたゴードン博士のチームは敵国からの救援信号を傍受。火星探査を断念し、ゴードン博士と宇宙飛行士クレイグたちは敵国の宇宙飛行士の救援に向かうが…。製作総指揮:ロジャー・コーマン
バッド・エデュケーション[Blu-ray/ブルーレイ] バッド・エデュケーション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 愛情、裏切り、悪意など人間らしい感情を斬新な映像美で描く。1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケのもとに、イグナシオと名乗る美貌の青年が映画の脚本を手に突然あらわれた。彼はエンリケの少年時代の神学校寄宿舎での親友。あまりに変わった友に疑いを感じながらも、脚本の内容に惹き付けられていく…。出演:ガエル・ガルシア・ベルナル

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi