ドカベン(1977 鈴木則文)
ホーム > 作品情報 > 映画「ドカベン(1977 鈴木則文)」
メニュー

ドカベン(1977 鈴木則文)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

水島新司の同名劇画の映画化。甲子園出場をめざす明訓高校の野球部の活躍ぶりを描く。脚本は「武闘拳 猛虎激殺!」の掛礼昌裕、監督は「トラック野郎 天下御免」の鈴木則文、撮影は「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」の出先哲也のそれぞれが担当。

ストーリー

体格はずんぐりむっくり、口数は少なくいつもニコニコの山田太郎は、おじいちゃんと妹・サチ子の三人暮し。いつも、ドカベンを持ちあるいているので愛称もドカベン。明訓高校に転入してきてすぐ、ドモリの怪物といわれている岩鬼と対立。二人は、野球部主将の長島の提案により野球で勝負。長島の剛速球に岩鬼は簡単に三振し、山田も三振する。山田の素質に目をつけた長島は、山田を野球部へ誘うが、山田はこの話を断わる。数日後、山田は柔道部へ入部。そして、ユニークな特訓により、またたくまに関東高校柔道大会の決勝へ。しかし、相手が右手を負傷していることをしった山田は、自らも右手を使わず、負けてしまう。長島も、監督の命令にしたがわず、結局試合に負けてしまい、野球部を退部する。しかし、運命のいたずらというか、野球部全員が、自動車事故にあい、崩壊寸前の野球部を、長島、山田、岩鬼、殿馬らが救う。こうして、生まれた明訓野球部は、甲子園めざして突撃を開始するのであった。...

スタッフ

監督
脚本
掛礼昌裕
原作
水島新司
企画
太田浩児
撮影
出先哲也
美術
藤田博
音楽
菊池俊輔
録音
宗方弘好
照明
川崎保之丞
編集
田中修
進行主任
志村一治
助監督
森光正
スチル
加藤光男

キャスト

作品データ

製作年 1977年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第1回 日本アカデミー賞(1978年)

ノミネート
助演男優賞 川谷拓三

他のユーザーは「ドカベン(1977 鈴木則文)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi