シモーヌ・ド・ボーヴォワール 自身を語る
ホーム > 作品情報 > 映画「シモーヌ・ド・ボーヴォワール 自身を語る」
メニュー

シモーヌ・ド・ボーヴォワール 自身を語る

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フランスの代表的女流作家であり、フェミニズムの先駆者でもあるシモーヌ・ド・ボーヴォワールが自らを語るドキュメンタリー映画。監督・脚本はマルカ・リボヴスカとジョゼ・ダヤン。撮影はギイ・マクー、音楽はジョルジュ・ドルリューが各々担当。出演はシモーヌ・ド・ボーヴォワール、クロード・ランズマン、ジャン・ポール・サルトル、エレーヌ・ド・ボーヴォワール、コレット・オードリー、オルガ・ボスト、アンドレ・ミシェル、ジャック・ローラン・ボスト、ジャン・プイヨン、アリス・シュヴァルツェルなど。映画は、ボーヴォワールの少女時代から学生時代、青春時代、そして彼女の人生に最も大きな影響を与えた哲学者のジャン・ポール・サルトルとの出会いなどを追い、彼女の代表的作品「第二の性」が出版された頃の社会的背景やその反響を自ら語るボーヴォワールを捉える。そして、彼女自身の名前をタイトルにしたこの映画製作に応じた理由を、18歳の時にジョージ・エリオットの「フロス川の水車小屋」を読んで彼のファンになり、いつしかこんなふうに人に好かれたいと望むようになり、そのために応じた、と答える。さらに、人にじかに話したり、影響を与えたりすることの魅力--一種のうぬぼれのようなものだが、それは、自分の本を読んだことのない人にも自分をわかってもらえる可能性をもっていると語る。そして、彼女の友人観、人生観、恋愛観などを通して、ボーヴォワールを1人の女性として浮きぼりにしていく。ジャン・ポール・サルトルとの対談では「第二の性」を中心に彼女の運動の一つであるフェミニズムについて掘りさげていく。他に、ジャーナリストであり、彼女の一時期の愛人であるクロード・ランズマン、サルトルの教え子で作家・評論家のジャック・ローラン・ボスト、妹のエレーヌなどが登場して、彼女を語る。

ストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。...

作品データ

原題 Simone de Beauvoir
製作年 1978年
製作国 フランス
配給 ワークショップ・ガルダ

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「シモーヌ・ド・ボーヴォワール 自身を語る」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi