幻の薔薇
ホーム > 作品情報 > 映画「幻の薔薇」
メニュー

幻の薔薇

解説

「キプールの記憶」「フリー・ゾーン」などで世界的に高く評価されるイスラエルの巨匠アモス・ギタイ監督が、フランスの女流作家エルザ・トリオレの同名小説を、「ルルドの泉で」「イングロリアス・バスターズ」のフランス人女優レア・セドゥー主演で映画化。第2次世界大戦後のパリ。美容院で働くマージョリーヌは、バラ栽培の研究者ダニエルと結婚する。念願のアパルトマンに引っ越して理想の新婚生活を手に入れたかに見えたが、マージョリーヌは高価な家具や家電を次々と購入するうちに借金を重ねるようになり、保守的なダニエルとの仲は険悪になっていく。

作品データ

原題 Roses a credit
製作年 2009年
製作国 フランス
上映時間 113分

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全1件)
  • 「物質」が象徴する幸せ ネタバレ! 『美しいひと』『美しき棘』で不機嫌な十代を演じてきたレア・セドゥが今作で演じるのは新婚の若き人妻マージョリーヌ 舞台は1950年代のフランス。 若く美しいカップルの船出は、戦後のフランスの新しい... ...続きを読む

    arakazu arakazuさん  2014年1月16日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

幻の薔薇 幻の薔薇
幻の薔薇 幻の薔薇
2015年10月23日 2016年2月27日
¥500 ¥300
ビデオマーケット ShowTime
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「幻の薔薇」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi