不思議な少年
ホーム > 作品情報 > 映画「不思議な少年」
メニュー

不思議な少年

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「緑のそよ風」「町の人気者」のブッチ・ジェンキンズが主演する映画で、新人ピ ーター・ロウフォードとビヴァリー・タイラー、「悪魔の金」のエドワード・アーノルド「桃色の旅行鞄」のチャールズ・ラグルズ「青春の宿」のスプリング・バイントンが共演する。脚本はモートン・トンプソンの書きおろし物で、新人フレッド・ジンネマンが監督に当たり「人間エジソン」のハロルド・ロツソンが撮影を指揮した。

ストーリー

ラジオがまだ普及していなかったころのことである。メリーランド州のボルチモア 市にリュウイー・ペンローズという九歳の少年がいた。無邪気な可愛い坊やで、お母さんにも兄のジョンにも愛されていた。ジョンは銀行員でラジオの研究が趣味であった。リュウイーは馬が大好きで、学校の帰りにはブレッゾーさんのうまやに寄るのが常だ。リュウイーは馬と話ができるのである。馬も彼に話しかけるのである。リュウイーはバートという馬が特別好きだった。彼は馬と話ができるので、競馬でどの馬が勝つか分かるのである。ある日ブレッゾーさんはリュウイーとジョンとジョンの許婚マーサを競馬に招待した。その日リュウイーはバートが勝つことを知った。ジョンはラジオの研究が楽にできるようにと思い、結婚費用の貯金を全部バートにかけた。ところがバートは競走中に脚を折り、銃殺された。ジョンは金を失い、リュウイーはバートが死んだので病気になった。しかも、マーサは怒るし、銀行の頭取はジョンが競馬に金をかけるというのでクビにしてしまった。ペンローズ一家は困ってしまったが、ジョンはプリークネス大競馬に出かけて、リュウイーに尋ねさせれば、と思いつく。プリークネスにはペンローズ夫人もマーサも来た。リュウイーは馬と話が出来なくなったが、ジョンに勝馬を尋ねられ、レフェンディだと答える。レフェンディは勝って皆は幸福になった。...

作品データ

原題 My Brother Talks to Horses
製作年 1946年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi