永遠の0
ホーム > 作品情報 > 映画「永遠の0」
メニュー

永遠の0

劇場公開日

解説

百田尚樹の同名ベストセラー小説を、「V6」の岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの姉・慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵という人物であることを知る。久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言から祖父の実像が明らかになっていき、やがて戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。健太郎を三浦春馬、久蔵の妻・松乃を井上真央が演じた。興行収入は87億6000万円の大ヒットとなり、第38回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞ほか8部門を受賞した。

スタッフ

監督
原作
百田尚樹
脚本
山崎貴
林民夫
撮影
柴崎幸三
照明
上田なりゆき
美術
上條安里
録音
藤本賢一
編集
宮島竜治
音楽
佐藤直紀
主題歌
サザンオールスターズ

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 144分
映倫区分 G
 

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

受賞
優秀作品賞  
優秀監督賞 山崎貴
優秀主演男優賞 岡田准一
ノミネート
優秀脚本賞 山崎貴 林民夫
優秀助演男優賞 三浦春馬

インタビュー

井上真央が「永遠の0」で体現した“道標”の役割 そして切なる思いを胸に見据える2014年
インタビュー

女優・井上真央にとって、2013年は「気を抜くことなく楽をせず、常に緊張感をもって過ごすことのできた1年」だったという。第36回日本アカデミー賞で司会を務め、主演作「白ゆき姫殺人事件」で中村義洋監督との初タッグ、野田秀樹演出による「M...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 50 (全468件)
  • つまらない 疲れる ...続きを読む

    ぽてこ ぽてこさん  2015年8月2日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 特攻隊員を同じ人間とかさて見れる 小説も素晴らしかったが、映画も良かった。 死にたくなかった男が死んだ。という伏線と物語の展開が抜群だと思う。 監督の人の良さか、僕が年を取ったからか、戦争映画にしては軽くも感じたけど、特攻隊員を... ...続きを読む

    奥嶋ひろまさ 奥嶋ひろまささん  2015年8月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 鹿児島県民として 鹿児島に引っ越してきたからには観なければと考え鑑賞。 タイムリーで特攻平和記念館行ってたため、いろいろ考えた。 ...続きを読む

    オレン人 オレン人さん  2015年8月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「永遠の0」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報