永遠の0(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

メニュー

永遠の0

劇場公開日 2013年12月21日
109件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

最後の最後でずっこけた。 ネタバレ

小説を読んでから鑑賞しました。
少々設定や、話の運び方が原作と違うのは仕方のないことなので、その点は特に思うところなし。
でもやはり、文章で表現していることを台詞なしの映像だけで観ている人に伝えるって、難しいことなんだなぁと思いました。
泣くほど感動しなかったのですが、ジーンときていたところに、戦闘機に乗って宮部おじいちゃんが現代の空に登場。
心の中で思い切りずっこけました。
ストーリー展開は、いわゆる「泣かせる」ものに作られてると思うのですが、いきなりあんなファンタジーな演出が出てきて涙も出ませんでした。
サザンの主題歌にかけて、ホタルをおじいちゃんに見立てるとか、もうちょっと暗に意味する、みたいな表現がよかったなぁ〜と。
好みの問題なんでしょうね。

まさる44
まさる44さん / 2014年11月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小説を読んでから ネタバレ

本を読んで号泣したのに、映画でも思わず涙がでてしまった。
やっぱり、原作にはかなわないけど、大体忠実でよかったんじゃないかな?

るるこ
るるこさん / 2014年10月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトル詐欺の洗脳映画 ネタバレ

ゼロ戦の活躍を描いた作品・・ではなく岡田の心境を描いた作品
当時の日本軍はみなお国の為と決死の覚悟で戦う中、一人生き残る事のみを考える。という設定にも関わらず最後は自殺に等しい事をする。
そしてその行動の動機が全く描かれず謎のままなのは人間ドラマとしても心に残らない。
これは日本映画の共通なのだけど、真珠湾とミッドウェーとラストしか扱われない
この作品も同じ
雷、電の敵救助やキッツ、アスカ救出作戦・・は零戦と関係ないからやらなくといいとしても
ラバウル航空隊は血の滲むような努力で終戦まで生き残った
それを最低でも描いて欲しかった

これを見た人はこう思うだろう
「特攻とか日本の規律とかヤバ過ぎ。戦争嫌だね」

何故戦争になったのか?何故日本がアジアで唯一植民地にされなかったのか
そういった深くそれこそ描けば面白い事が何もないのは見ていて本当につまらない。洗脳映画とさえ言っていい

この映画が売れたのは面白いからではなく、マスコミの宣伝力と岡田の知名度が大きいと言わざる負えない
あと艦これの影響もあるだろう

にゃむ
にゃむさん / 2014年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どこで泣けばいい? ネタバレ

何か中途半端、何が言いたいのかが分からない…私には主人公がただの優柔不断、情緒不安定な人間にしか見えなかった。もしかして、言いたかったのはそこー!?それなら徹底して臆病者で嫌われ者として描いたら良かったんじゃないのかな?そもそも何で義祖父なの?たまたまトラブった飛行機に乗ろうとしてたのが義祖父だったから?でも、その前に特攻隊志願してたよね?臆病者だったのに何で?臆病者が急に特攻隊に志願した理由をもう少し義祖父との交流やぶつかり合いなどの場面とかを加えて欲しかった。語りべを中心に進行していくのは退屈でしょうがない。それならタイタニックみたいな作り方にすれば良いのに…あらゆる国の映画を数多く観てきてやはり日本映画って質が落ちるな〜とつくづく納得いく映画でした。
ちなみに、中学生の娘は映画館で観てますが、メチャメチャ泣けるし感動した!と大絶賛でした。あまり映画を観たことがない、戦争を知らない世代にはウケるんでしょう。私ももちろん戦争は知りませんが、戦争経験者で実兄を戦場で亡くしてる私の父からしたら猛抗議したくなる映画だと思います。

こんちゃん
こんちゃんさん / 2014年7月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

観ておくべき邦画 ネタバレ

評判になっているのは耳にしていましたが、過去の戦争モノ邦画は
日本映画界独特のエッセンスがあって昔から興味がありませんでした。

特にWW2の物は浪花節的な演出と大物俳優さん達の出演
そしてTV局が必ず絡んで 「ハズレ無し!絶対泣けます」みたいな
広報展開に食傷気味だったんですね。

という理由からかなりフラットな気持ちで視聴しましたが・・

いや、やられましたね
気がついたら涙が自然と出ていました

テーマがテーマだけに
出演者の皆さんの気迫というか真剣さというか
もう冒頭から引き込まれました
特殊効果も素晴らしいです

そもそもSFXやVFXなんてモノは

どこで使っているのかわからない

という使い方をすべきもので
今までの邦画に関してはとてもチープな物が多いし
軽んじてる製作者が多い中で「永遠の0」は
意図もその効果の大きさもとてもよく理解できます

ただ2点だけ演出上でとても残念だなと
思ったので書き留めておきます

孫の佐伯健太郎(三浦春馬さん)が歩道橋の上で泣く場面

ここは叫びながら泣き崩れるか
それともゼロ戦を目で追いかけて遠くを見つめたまま立ちすくむ
(涙は流さないけど泣いている気持ちを表現する)

この二択だと思います

もう一点

ヤクザの親分、景浦(田中泯さん)が
孫の佐伯健太郎(三浦春馬さん)さんを抱きしめるシーン
ここは景浦の過去を考えてもハグする というのは
ちょっと安易な手法で演出しちゃったかな と
(彼の過去や宮部への想いも考えたら「ハグではない」んですよね)

序盤で井崎 (橋爪功さん)が
せっかく「愛していると言っているのと同じ事なんです」と
直接表現をする時代ではなかったと演出している事
ストーリー上、最も重要な場面である事を考えても
この場面はとても残念です

それ以外に彼の思いを健太郎に表せる
気の利いたもっといい方法が
あったんじゃないかなとと感じました

とは言えアンチエイジにも伝わる手法としては
今時はこんなもんなのかなもしれませんよねぇ・・・

最後に・・・

まず原作を読んでから映画を観て比較してしまう方の意見はアテにしないでいいかと思います。そして期待して(この場合意識的に感動を得ようとする先入観でしょうか)観た方の意見も相当の既成概念に捕らわれているので参考にしないで良いかと思います。

戦争賛美だと思う人や意図がよくわからない
リアリティがないと言う方は
過去の戦争邦画ものを観て頂くと宜しいかと思います

そして、制作会社の方には
海外での公開、そして英語字幕をつけた
DVDの発売を一刻も早くお願いしたいです

誰しもが観ておくべき内容であり
近年稀に見る邦画の名作です

ZERO
ZEROさん / 2014年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

製品版には『ヤツは悪魔か!』が無い ネタバレ

内容は多くの方が書かれていますので、敢えて書きません。

Blu-ray/DVD版は、劇場公開版から若干変更されているようです。
例えば、米兵が慌てふためく部分の台詞が変更及び減少している為に、そのシーンでの緊迫感が薄れています。
他には、影浦と宮部の再会シーンも省略されている気が。(原作と漫画読んだせいで勘違いしてるだけ?)

あと、なぜかチャプターメニューがありませんね。
観たいシーンにサムネイルから飛べないのがちょっと不満・・・

GUY / move.move.moooooove...@27
GUY / move.move.moooooove...@27さん / 2014年7月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争は悪。 ネタバレ

岡田くんの演技に圧倒されました。
最後の敵船に向かっていくシーンがしばらく
頭から離れませんでした。
死んでいった隊の人達もどんな思いだったのかを考えただけで切なくて。
そしてこれが本当に日本で世界で起きてきた事実だということが何よりも悲しく居た堪れない気持ちです。

できればハッピーエンドの楽しい映画がいいけどこういう事から目を逸らしちゃだめですよね。

リアルにあの当時、辛い思いをした青年たちの気持ちが描かれていたと思います。

momo
momoさん / 2014年5月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんなんでしょう?? ネタバレ

脚本の稚拙さに涙が出ました。原作は読んでませんが・・
本当の祖父探しが美談のように語られるストーリーですが、最初からバレバレの義祖父に聞けば、ことがすべて解決するって話じゃないですか・・ここを丁寧に描かなければ・・この監督、合成に命かけてストーリーは2の次なんでしょうね・・

どん
どんさん / 2014年5月13日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

とても泣けました。 ネタバレ

原作ではなく、漫画を読んでから 映画館へ行きました。
もう、涙が止まりません。
この映画は、大切なものを教えてくれる映画です。
命の尊さだったり、家族の大切さなどのいろいろなものを伝えてくれる映画です。
映画を見て、印象に残っている場面があります。
その場面は、宮部さんが「必ず帰って来ます。腕がなくなっても、足がなくなっても戻ってきます。例え死んでもそれでも僕は戻ってきます。生まれ変わってでも、必ず君のもとえ戻ってきます。」のシーンと、最後の宮部さんが特攻を決意して、敵艦に特攻していくシーンがとても泣けます。
このほかにもとても泣けるシーンがたくさんあります。
これは絶対に映画館で見てほしい映画です。
1回だけではなく、2回、3回と何回も見たくなる映画です。
まだ、中学3年で歴史などでしか勉強していなくて、戦争に関してなにもわからない世代ですが、「永遠の0」は、何も知らなくても、とてもわかりやすい内容で、知らない間に涙が止まらなくなるくらい感動します。私が実際にそうでした。
ほんとにこの映画は、命の尊さだったり、命の大切さだったり、家族の大切さなどが伝わってくる映画です。
例え、映画で見れなくても、DVDを借りて見た方がいいと思いました。
私みたいに戦争のことを知らない世代の人たちが見るべき映画だと思いました

語ったてしまってすいませんでしたm(_ _)m

夏みかん
夏みかんさん / 2014年5月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

涙なくしては見れない映画 ネタバレ

現在と過去を行ったり来たりする

私的には現在のストーリーは必要なのかわからないとおもっていたがやはりいまとなっては過去を経験した本人たちの表情は昔とは変わっていたりととてもおもしろい。

岡田君の演技もものすごくハマっていて、最後の突っ込んでいくシーンの表情は理解し難いが、とても興味深く鳥肌ものだった。

それぞれのストーリーが最後には重なる所が単純な作りではなく複雑でよかった。

むむた
むむたさん / 2014年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶対に観て欲しい ネタバレ

小説は読まずに鑑賞しました。
死に向かって否応無く進まざるをえなかった、当時の特攻隊員の心情に涙が止まりませんでした。
絶対に生きて帰ることを望んでいたのに、自分の妻子を人に託した宮部には、正直納得できませんでしたが、あそこまで追いつめられたら仕方なかったのかも。現代パートと過去パートがバランス良く組み合わさり それぞれの出演者が巧く演じられていて上映時間の長さを感じませんでした。清々しい青空と最後の宮部の表情が忘れられません。
岡田さんの演技が素晴らしいです。

tagusuki11
tagusuki11さん / 2014年4月29日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはダメ ネタバレ

戦争を以って何を描いたの?
戦争という題材を簡単に使い過ぎだし、記者気取りの学生がロードムービー的に各所を回って事実を知る展開も古い。
手垢のついた台詞だらけで全く面白くない。
さらに、あれだけ特攻に反対した彼が家族を託し特攻に志願したのは何なのか?
何故、飛行機を変わったのか?
彼が根性無しと言わらようが家族の為に帰るのが愛なんしゃないの?
理解できない。美徳のように簡単に言うけどそこが一番大事なことじゃないの?
こんなことなら、作らない方がいい。
これで感動する観客も理解できない。
本当に都合で作っただけの駄作だ。

ロンドン
ロンドンさん / 2014年4月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

原作を読む前に・・・ ネタバレ

永遠の0
単行本で発売されてから随分経ちます。
又、漫画化されて、コミック本全5巻で販売されています。
私は両方共読んで、しかも観客が少なくなる迄待ってから映画館に行きました。
流石に観客は少ないだろうと思ってましたが、結構入ってましたね。
恐らく泣いてしまうだろうと思い、ここ迄鑑賞時期をずらして来たのですが、無駄なあがきだった様です。
さて映画の内容ですが、私が見た所、原作やコミック本との違いを探すのが主になってしまい、純粋に映画を楽しむ事が出来なかったのが本音です。
原作を読んで涙ぐんだシーンが割愛されていたり、原作とは違うシナリオだったりすると「オイオイ」と思ってしまいました。
多分この映画は原作を読む前に見て、純粋な涙を流してから原作を読んだ方が良いのかも知れません。
やはり原作の世界観を、映画の決められた時間内で表すのには無理が有ったのでしょう。
ネタバレになるかも知れませんが、原作に有った、特攻隊員自らがモールス信号で特攻状態を知らせるシーンが、全てバッサリと切られていたのは残念でした。
この原作内で、一番残酷なエピソードだと感じていただけに、本当に残念に思いました。
高山と言う新聞記者が登場しなかったのは、某新聞社に対する配慮だったのでしょう。
又、原作のプロローグは表現されていましたが、エピローグは割愛されています。少々残酷だったのかも知れませんね。
とは言っても、やはり涙ぐむシーンが多く有りましたので、ハンカチは持って行くべきですね。
と、言うことですので、原作を読む前に見ることをお勧めします。

のんでねたろう
のんでねたろうさん / 2014年4月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

配役が若干。。 ネタバレ

皆さんの言われてる通り、素晴らしい映画です。

単純なお涙頂戴のお話ではないし、CGも違和感をそれほど感じずに見る事が出来ました。脇役の俳優さんもかなりイイ味が出てましたね。新井浩文さん、染谷将太さん。特に新井浩文さんは適役でしたね。

主演とその妻の配役には疑問。岡田准さんはイケメンすぎる。
ジャニーズ俳優には前から違和感がありました。プラチナデータの二宮は天才には見えなかったし、神様のカルテの桜井は医者には見えない。今回の岡田も、お固い軍人にハマってるとは言えないかと。
あとは井上真央さん。戦時を力強く生き抜いた母親を演じるには見た目の説得力がないし、演技の重厚感も感じる事ができず、そこの作りだけは軽く感じずにはいられませんでした。

三遊亭大ピンチ
三遊亭大ピンチさん / 2014年3月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった ネタバレ

岡田くんの迫力ある演技がよかった、

三浦くんの演技もよかったが、
最後の三浦くんの叫ぶシーンはいらないかなと思った

ちい
ちいさん / 2014年3月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

同じ戦争映画ならば、 ネタバレ

ブラザーフッドの方が泣けてしまうし、よかったかなと。。。

ちょっとこの映画の最後のあのCGが出たら、うるっときてた感情がなにもなくなっさまいました。。。あれは必要だったのかな?って。。。

milk0524
milk0524さん / 2014年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  泣ける 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

戦争のはなし ネタバレ

ゼロ戦乗りの祖父を追った話。

戦争の壮絶さや哲学、飛行機乗りの素晴らしさを主軸に描かれる。個人的には、敗戦国の英雄達の何処にも行き様がない気持ちや生活、そしてその熱い絆に強く胸を打たれた。

間違った国の戦略に異を唱え、非難され心折れながらも、胸を張り続けるプライドを強く感じた。

megadrive
megadriveさん / 2014年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前評判は・・。 ネタバレ

前評判で、泣けると言われ、期待して見ました。。 でも実際は、現在と過去が、行ったり来たりし過ぎて感情移入が、出来なかった。
三浦春馬さんの、演技がチョット・・・

みっちー
みっちーさん / 2014年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すんなり受け入れられないシーンが残念 ネタバレ

原作をうまくまとめた映画だと思います。CGによるゼロ戦のシーンもなかなか。
ただ、泣けるほど入り込めませんでした。
残された妻が大石を受け入れるところに違和感。現代パートでゼロ戦が飛んでくるシーンで興ざめ。ラストシーンの宮部の笑顔も。すんなり受け入れられないシーンがあるのは残念です。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2014年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

引っかかる点が ネタバレ

私はまだ子供なのでえらそうなことは言えませんがどうしても一つ気になるというか

えっ?と感じたところがありました。

作品としてとても感動し泣けました。
あまり目立つシーンではありませんでしたが宮部の教え子が特攻として飛び立ち
相手に撃ち落とされる直前

お母さん?だか、母さんだか言うシーンが地味に一番きました。

腑に落ちない、納得が行かないのはラストの展開です。

なぜ宮部の部下と宮部の奥さんがくっつくの、?と。
話を聞いていて
うんうん、と思ってましたが

写真を見た時からあなたが好きだった

の一言に、はい?って感じです。
旦那さんが生きてたその時から好きだった?え?と。

それから最後のあの孫の前に現れた謎の宙に浮く宮部。
あれはいらなかったかな、と。
シュールでした。

らん
らんさん / 2014年2月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

109件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画