DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る
ホーム > 作品情報 > 映画「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」
メニュー

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

劇場公開日

解説

2011年1月に劇場公開された「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」に続く、人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーの素顔に迫るドキュメンタリー第2弾。05年12月に劇場公演をスタートさせ、活動6年目を迎えた11年のAKB48は、リリースしたCDシングル5作すべてがミリオンセールスを達成し、初のドームコンサートも3日間で9万人を動員、選抜総選挙やじゃんけん大会といったイベントも大きな話題を呼んだ。連日メディアを賑わせ人気を博したが、その裏側にはプレッシャーに傷つき、孤独と向き合いながらもステージに向かおうとする少女たちの姿があった。11年のAKB48の活動に密着し、グアム、台湾、シンガポールなど世界各地を飛び回る姿や、東日本大震災復興支援のために立ち上げた「誰かのためにプロジェクト」で5月から毎月行われた被災地訪問の様子なども収められている。監督は、AKB48の「言い訳Maybe」「ポニーテールとシュシュ」「上からマリコ」といった人気楽曲のPVも手がける高橋栄樹。

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 東宝映像事業部
上映時間 121分
映倫区分 G
備考 ODS
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全7件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi