生きてるものはいないのか
ホーム > 作品情報 > 映画「生きてるものはいないのか」
メニュー

生きてるものはいないのか

劇場公開日

解説

「狂い咲きサンダーロード」「爆裂都市 Burst City」の石井聰亙監督が石井岳龍に名を改め、「五条霊戦記 GOJOE」以来およそ10年ぶりに手がけた長編監督作で、第52回岸田國士戯曲賞を受賞した前田司郎の同名戯曲を映画化。病院に併設された大学キャンパスを舞台に、いつもと変わらない日常を送っていた三角関係に悩む学生と喫茶店員、再会を果たした兄妹、アイドル大学生ら18人の登場人物が、ある女子大生が倒れたことをきっかけに次々と原因不明の“最期”に伝染していく様子を描く不条理劇。主演は「ヒミズ」でベネチア国際映画祭新人賞を受賞した染谷将太。

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 113分
映倫区分 G
 

関連ニュース:生きてるものはいないのか

生きてるものはいないのかの関連ニュース

映画レビュー:生きてるものはいないのか

平均評価
3.3 3.3 50 (全4件)
  • すごかった 劇中、染谷君が「よくわからないけど」と頻繁に言っていたけれど、ほんとにそうで、ひたすらみんな死んでいく。救いも何もないけれど、ラストシーンがすごい。 全体の流れ以外もおもしろかった。思わず笑って... ...続きを読む

    eleboy eleboyさん  2012年3月4日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • これも時代背景か。 好みが分かれると思いますが、名前は変わっても石井監督×原作が戯曲ということに関心を持てる方は、劇場で観るべき作品だと思いますので是非。観終わった時「ニーチェの馬」を思い出しました。両方観た方いま... ...続きを読む

    dekatter dekatterさん  2012年3月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 描き出されるセリフ、音楽、そして編集構成、その総てが独自の世界感に溢れて斬新で面白い! ネタバレ! 人は誰しも、実際のところ自分の死期を明確には知り得ない そして、その時期は、自分だけには、まだ先の出来事と信じて生きているものだ。 しかし、その時が、身近に迫っているとしたら? これは、311後... ...続きを読む

    Ryuu topiann(リュウとぴあん) Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん  2012年2月11日  評価:4.5
    このレビューに共感した/2
  • 生きてるものはいないのかのすべての映画レビュー
  • 生きてるものはいないのかの映画レビューを書く

他のユーザーは「生きてるものはいないのか」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報