縞模様のパジャマの少年
ホーム > 作品情報 > 映画「縞模様のパジャマの少年」
メニュー

縞模様のパジャマの少年

劇場公開日

解説

強制収容所の柵越しに友情を育む無垢な少年たちを描き、世界的ベストセラーとなった同名小説の映画化。第2次世界大戦下のドイツ、ユダヤ人強制収容所の指揮官を父に持つ少年ブルーノはある日、有刺鉄線で囲まれた風変わりな農場を見つける。そこで縞模様のパシャマを着た少年シュムエルに出会い、次第に心を通わせていくが……。監督は「ブラス!」「リトル・ヴォイス」のマーク・ハーマン。

作品データ

原題 The Boy in the Striped Pyjamas
製作年 2008年
製作国 イギリス
配給 ディズニー
上映時間 95分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

悲劇に投げ込まれる人間の愚かさを、少年の無邪気さ、幼さに置き換えて警告
縞模様のパジャマの少年の映画評論・批評

8歳の子供の現状認識力はどの程度のものなのだろう。映画を見ている間中、それが気になった。主人公ブルーノは8歳。父親はユダヤ人収容所の所長だが、もちろん両親は仕事の内容を息子に話さない。だが学校にも行けず、友だちもいない官舎の生活に退屈...縞模様のパジャマの少年の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全43件)
  • 最後 ネタバレ! ユダヤ人迫害時代のナチス党員の父を持つ少年と ホロコーストの少年のお話。 子供ながらの無差別意識がどんどん侵食されていく。 姉のグレーテルがそのいい見本。 環境が変わったことと、 家庭教師のナチ... ...続きを読む

    Gomez Gomezさん  2017年8月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 衝撃の結末 父親は、自らの人命についての考え方の過ちん思い知ったことだろう ...続きを読む

    トッキー トッキーさん  2017年8月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 重い。 ドイツ人の少年とユダヤ人の少年の金網越しの友情の物語。 ド... ネタバレ! 重い。 ドイツ人の少年とユダヤ人の少年の金網越しの友情の物語。 ドイツ人少年の父親はユダヤ人収容所(毒ガス)所長というなんとも皮肉な現実。 収容所の内と外は雲泥の差。だけど、そういう大人の事情と... ...続きを読む

    キッスィ キッスィさん  2017年6月29日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

縞模様のパジャマの少年 縞模様のパジャマの少年
縞模様のパジャマの少年 縞模様のパジャマの少年
2016年12月1日 2016年12月6日
¥100 ¥200
Amazonビデオ Google Play

他のユーザーは「縞模様のパジャマの少年」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi