実写版「エンダーのゲーム」来年1月公開&秋赤音氏のイメージイラストお披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月9日 > 実写版「エンダーのゲーム」来年1月公開&秋赤音氏のイメージイラストお披露目
メニュー

実写版「エンダーのゲーム」来年1月公開&秋赤音氏のイメージイラストお披露目

2013年8月9日 10:00

秋赤音氏による「エンダーのゲーム」イメージイラスト「エンダーのゲーム」

秋赤音氏による「エンダーのゲーム」イメージイラスト
(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 伝説的SF小説「エンダーのゲーム」が、「ツォツィ」(2005)、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(09)のギャビン・フッド監督のメガホンで実写映画化され、ウォルト・ディズニーの配給で、14年1月に劇場公開されることが決定。プロジェクト第1弾として、“平成の歌う絵師”と呼ばれる気鋭のアーティスト・秋赤音氏が手がけた、イメージイラストがお披露目された。

原作は、米作家オースン・スコット・カード氏が1977年に発表し、ネビュラ賞とヒューゴー賞を受賞した人気小説。宇宙戦争終結の使命を背負って生まれた少年の物語を描き、後世のアニメやコミックに多くの影響を与えたと言われている。本作は、「縞模様のパジャマの少年」(08)、「ヒューゴの不思議な発明」(11)のエイサ・バターフィールドが主人公エンダーを演じるほか、ハリソン・フォードヘイリー・スタインフェルドアビゲイル・ブレスリンらが出演している。

異星人の侵攻を受けた人類は、“戦争を終わらせる者”を育成するため、宇宙に戦闘訓練施設「バトルスクール」を築く。“サード”と呼ばれる少年エンダーは、バトルスクールでの過酷な訓練のなかで、天才的な才能を開花させていくが、やがて人類の未来をかけた戦いに巻き込まれていく。

秋氏は、投稿動画配信サービス「ニコニコ動画」で活動を始めた女性アーティストで、海外にも活躍の場を広げている。今回のオファーを受け「とにかく吃驚! でした。自分なんかが描かせてもらっていいのか、という気持ちと、めちゃくちゃ嬉しいし光栄だ、という気持ちがぐるぐるしてました」と感激しきり。救世主となる少年を美しくもエッジが効いたタッチで仕上げ、「人類の運命を託された少年と、それを支えるタイプの違う2人の少女の関係が最高に良いですね。リアルになりすぎず、アニメっぽい二次元さもありつつ、でも実際にいるような存在感も出せたらなあと思いながら描かせていただきました」と思いを込めた。

今回公開されたイラストの完全版は、8月10~12日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット84で、大型タペストリーとして展示される予定だ。

エンダーのゲーム」は、14年1月に公開。

ツォツィ スタンダード・エディション[DVD] ツォツィ スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,080 アパルトヘイト後も続く南アフリカの過酷な現状と、未来への希望を見つめ、第78回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した感動作。監督:ギャヴィン・フッド
ウルヴァリン/X-MEN ブルーレイBOX<6枚組>〔初回生産限...[Blu-ray/ブルーレイ] ウルヴァリン/X-MEN ブルーレイBOX<6枚組>〔初回生産限...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥8,208 突然変異によって特殊な能力に目覚めた“ミュータント”たちの物語を描いた人気シリーズ4作をセットにしたクアドリロジーBOX。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi