パラノイドパーク
ホーム > 作品情報 > 映画「パラノイドパーク」
メニュー

パラノイドパーク

劇場公開日

解説

オレゴン州ポートランド。スケボーに夢中の16歳の少年アレックスは、不良スケーターが集まるパラノイドパークへ行くようになる。だが、そこで、思わぬ偶然から誤って1人の男性を死なせてしまう。アレックスはその後も何事もなかったかのように日常を過ごすが……。「マイ・プライベート・アイダホ」「エレファント」の鬼才ガス・バン・サント監督が1人の少年の罪の意識と葛藤を描いた人間ドラマ。07年カンヌ国際映画祭では、60周年記念特別賞を受賞した。

スタッフ

監督
製作
ニール・コップ
デビッド・クレス
脚本
ガス・バン・サント
撮影
クリストファー・ドイル
レイン・キャシー・リー
美術
ジョン・ピアソン・デニング
編集
ガス・バン・サント

作品データ

原題 Paranoid Park
製作年 2007年
製作国 アメリカ・フランス合作
配給 東京テアトル、ピックス
上映時間 85分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第60回 カンヌ国際映画祭(2007年)

受賞
コンペティション部門
60回記念賞 ガス・バン・サント
出品
コンペティション部門
出品作品 ガス・バン・サント

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

私たちが生きているのはこのような危険な場所なのだ
パラノイドパークの映画評論・批評

舞台となるのはオレゴン州ポートランド。シアトルよりちょっと南、カナダまで車で5時間くらいの位置にある。したがって映画に映る町の風景は、冬でもないのにどこか寒々しく、土地の抱える憂鬱がダイレクトに伝わってくる。どんよりと空を覆う冷たい雲...パラノイドパークの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全6件)
  • 普段通りに過ごす緊張感。 あんなサラァーっと行けるスケートパークがあったらなぁ。 殺人に轢き逃げにバレたくなくて隠して日常生活を送るのも生きた心地がしない位に緊張感をピーンと張ってなければ。 慣れて麻痺してたら終わりだ人... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年5月7日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 感性はそれぞれ 何かしら後悔する想いを知る人間なら、 この映画の理解も少し可能かもしれません 罪を犯そうとして犯すわけでは無く。 犯した罪は消せるわけも 許されることも無く。 貧困層 中流階級 の交わるスケボー... ...続きを読む

    しょうご しょうごさん  2015年9月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 美しいほどに、ガスらしい映画 ガス・ヴァン・サントにしか撮れない、違和感のない日常的風景。クリストファー・ドイルの複雑でリズムあるカメラワーク。そして、どこからともなく流れるイーサン・ローズの音楽。どの場面を切り取っても、美... ...続きを読む

    Mr.POTATO Mr.POTATOさん  2009年2月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「パラノイドパーク」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi