加瀬亮、ガス・バン・サント監督の魅力は「肯定してくれるところ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月16日 > 加瀬亮、ガス・バン・サント監督の魅力は「肯定してくれるところ」
メニュー

加瀬亮、ガス・バン・サント監督の魅力は「肯定してくれるところ」

2011年12月16日 20:27

「永遠の僕たち」完成披露試写会に出席した加瀬亮「永遠の僕たち」

「永遠の僕たち」完成披露試写会に出席した加瀬亮
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の加瀬亮が12月16日、都内で行われた出演作「永遠の僕たち」(ガス・バン・サント監督)の完成披露試写会に出席した。「硫黄島からの手紙」(2006)以来、2度目のハリウッド出演作。生と死の間で揺れ動く若い男女を見守る、日本人特攻隊員の幽霊・ヒロシを演じている。

雑誌での対談を機に、サント監督との親交を深めてきたといい「ある日、シナリオが添付されたメールが届き、オーディションを受けることになった」。撮影は一昨年11月から、監督が暮らす米オレゴン州のポートランドで行われ「現場はオープンな雰囲気で、リラックスできた。休日には、監督の家に遊びに行ったり、監督の犬の散歩をしたり(笑)。サンクスギビング(感謝祭)だったので、監督がターキーを焼いてくれた」と振り返った。

ミルク」「パラノイドパーク」などで知られるサント監督の新作。交通事故で両親を亡くし自身も臨死体験した青年イーノックヘンリー・ホッパー)が、難病で余命わずかと診断された少女アナベル(ミア・ワシコウスカ)と出会い、残された時間の中で“命の輝き”を取り戻そうとする詩的な青春ドラマ。加瀬が演じるヒロシは、イーノックにしか見えず、彼の話し相手になるという設定になっている。

もともとサント監督の大ファンだったといい「一番好きなのは『マイ・プライベート・アイダホ』。どの作品も否定しかできない状況のなかで、最後に必ず肯定してくれるところが好き」。本作を「あるスタイルを確立させた監督が、また違ったスタイルに挑戦した作品。遊び心もたくさんちりばめられている」と分析した。

永遠の僕たち」は、12月23日から全国で順次公開。

硫黄島からの手紙[DVD] 硫黄島からの手紙[DVD] 最安価格: ¥927 クリント・イーストウッド監督が贈る史上初、日米双方の視点から描いた『硫黄島』2部大作。届けられなかった数百通の手紙。彼らはそこに、何を託したのか―。出演:加瀬亮
ミルク[DVD] ミルク[DVD] 最安価格: ¥3,201 ショーン・ペン主演、ガス・ヴァン・サント監督による社会派ドラマ。自らゲイであることを公表し、マイノリティの社会的地位向上に努めた活動家、ハーヴィー・ミルクの波乱の半生を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi