08年度全米映画評論家が選んだベスト作品は「ウォーリー」! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月22日 > 08年度全米映画評論家が選んだベスト作品は「ウォーリー」!
メニュー

08年度全米映画評論家が選んだベスト作品は「ウォーリー」!

2009年1月22日 12:00

ミッキー・ロークが表舞台に返り咲いた話題作「ザ・レスラー」「ウォーリー」

ミッキー・ロークが表舞台に返り咲いた話題作「ザ・レスラー」
(C)2008 Wild Bunch
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米の映画評論家のレビューを掲載する映画レビューサイトRotten Tomatoesが先週、最も高い評価を得た作品に贈られる第10回“ゴールデン・トマト賞”を発表した。同サイトは、映画評論家の評価の良い作品を赤く熟したトマト、評価の悪い作品を熟していない緑色のトマトで表示し、その総体的評価を“トマトメーター”で表している。その上、90%以上には“新鮮(fresh)マーク”が付く。

08年に全米公開された作品の中で最高の評価を受けたのは、ディズニー/ピクサーのアニメ「ウォーリー」のトマトメーター96%。次いで「ダークナイト」94%、「アイアンマン」93%の順だった。

同賞はジャンル毎のトップ10も発表しているが、アカデミー作品賞の有力作が並ぶドラマ部門のトップ3は、1位「ザ・レスラー」98%、2位「スラムドッグ$ミリオネア」94%、3位「ミルク」93%だった。

逆に、最低の評価を受けたのは、日本映画「着信アリ」のリメイク作「ワン・ミス・コール」の0%だった。

昨年のゴールデン・トマト賞はやはりディズニー/ピクサー作品「レミーのおいしいレストラン」で、過去10年間でピクサー作品がトップ1に輝いたのは5度目のことだ。

第10回ゴールデン・トマト賞のトップ3は以下の通り。

▽全米公開 1.「ウォーリー」 2.「ダークナイト」 3.「アイアンマン
▽英国映画 1.「マン・オン・ワイヤー」 2.「スラムドッグ$ミリオネア」 3.「ハッピー・ゴー・ラッキー
▽アクション/アドベンチャー 1.「ダークナイト」 2.「アイアンマン」 3.「その男ヴァン・ダム
▽アニメーション 1.「ウォーリー」 2.「カンフー・パンダ」 3.「ボルト
▽コメディ 1.「ハッピー・ゴー・ラッキー」 2.「寝取られ男のラブ♂バカンス」 3.「トロピック・サンダー/史上最低の作戦
▽ドキュメンタリー 1.「マン・オン・ワイヤー」 2.「Taxi to the Dark Side」 3.「Bigger, Stronger, Faster」
▽ドラマ 1.「ザ・レスラー」 2.「スラムドッグ$ミリオネア」 3.「ミルク
▽外国語映画 1.「迷子の警察音楽隊」 2.「4カ月、3週間と2日」 3.「レット・ザ・ライト・オン・イン」
▽ホラー 1.「Teeth」 2.「クローバーフィールド/HAKAISHA」 3.「Baghead」
▽ミュージカル 1.「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」 2.「キャデラック・レコード」 3.「ハムレット2」
▽ロマンス 1.「ゴースト・タウン」 2.「それでも恋するバルセロナ」 3.「イン・サーチ・オブ・ア・ミッドナイト・キス」
▽SF/ファンタジー 1.「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 2.「スパイダーウィックの謎」 3.「ベンジャミン・バトン/数奇な人生
▽スリラー 1.「トランスシベリアン」 2.「パラノイドパーク」 3.「スタック」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi