大いなる陰謀のレビュー・感想・評価

メニュー

大いなる陰謀

劇場公開日 2008年4月18日
21件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

シリアスな会話劇

アメリカの問題点をこれでもかと提示
口先だけの偽善ではないと証明するため陸軍に志願する大学生

eli
eliさん / 2015年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これでいいのか?アメリカ人。

支持率低迷のため戦争をけしかけるアメリカ政府とそれに従うしかないアメリカ軍。主張を持たないジャーナリズム。無気力な若者たち。

アメリカが抱える問題を露骨に問題提起している。

まず、『大いなる陰謀』というタイトルはどうしたものか。
”陰謀”というのはアーヴィング(トム・クルーズ)側からの一方的なもので、この映画の主意ではない。
どちらかというと「これでいいのか、アメリカ人!?」といった問題を提起する内容で、結論など全くない映画である。

そこには、湾岸戦争でのアメリカの失敗を認めつつも間違いはなかったと言い張り、再び同じような過ちを押し切る政府と、それを攻めきれないジャーナリストがいる。
そこには、戦争に何があるのかを探し求めた男達がいる。
そこには、目的を失った無気力な若者がいる。

狂い始めたアメリカに”みんな、もう一度よく考えてみてくれ”と、投げかけて終わってしまうが、これはこれでいいと思う。
ただ、娯楽作品として見ると全然つまらない。。

旅人
旅人さん / 2013年11月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

説教くさい

総合:55点 ストーリー:45点 キャスト:75点 演出:75点 ビジュアル:75点 音楽:65点

 人々を正義の名の下に戦場に送り込もうとする権力者がいる。だが彼は本当は自分の利益のためにそうしているだけだ。だが優秀な二人の若者が戦場に行き死んでいく。だからこそ彼にはもっと真面目に生きてほしい。そんな3つの関連した話で構成されているのだろうと思った。若者への教訓を伝えたいのかな。

 でもまずこの話、とても説教くさい。そこには主張はあるけれど、それを伝えることに徹することが映画として面白いかどうかはまた別問題。それと国家の政策にこのような裏側があって良くないことも多いというのは否定しないのだが、それはたくさんの面の一つの見方にすぎないわけであって、それが唯一全てだとも思わない。この映画の主張だと、派兵は陰謀の結果でしかないし、若い兵隊はその犠牲者でしかない。そんなに国際政治は単純じゃないですよ。悪い意味でロバート・レッドフォードらしい綺麗ごとな正義感が、また全面に出てしまったかという印象。書生論のように青臭かった。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大いなる陰謀

自分は学生×教授 の話をメインに見ていました。

記者×議員の話はほぼオマケです__AU_F7CD__

それとこないだ【プライベート・ライアン】を見たからか戦闘シーンがしょぼく見えてしまいました__AU_F7CE__

トム・クルーズははまり役です__AU_F37E__

トム・クルーズはアクションをやってるよりこうゆう役の方が好きです__AU_F37E__

戦地に志願し行く前の2人のレポート発表?はとても興味深かったです。
国の徴兵制度について真剣に考え、そして軍隊に志願する・・・。

その話を教授は欠席日数が足りなくなりそうな優秀な学生に話します。 つまり世間をなめているのよな学生です__AU_F7CD__

そんな学生に話をする教授の話は自分にも言ってるように感じます・・・。

そんな話をしているときに戦地に行った2人は議員の作戦を行ってました。

それと同じ頃、議員×記者の密談も行われていました。

ほぼリアルタイムで進んでいきます。

ただ戦地は孤独感があります__AU_F7CD__

しかしそれまたよく感じます__AU_F37E__

すべての歯車がよく絡み合ったひじょーに好きな作品でした__AU_F37E__

ただもっと別な邦題はなかったものか__AU_F7CE__

名前負けしてしまってます__AU_F7CE__

ちゅなる
ちゅなるさん / 2013年1月3日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

???

なんとなく言いたいことはわかるが映画として成り立っているかは疑問…

これで終わり??ってぐらいあっけない。
最初から最後まで平坦な展開で終わります。

takusan
takusanさん / 2011年3月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トム・クルーズのセルフパロディに笑った

公開時、興行、批評ともにまったく振るわなかった本作。でも、私はこれを観る一日前に「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観てたので、時系列的につながり興味深く観れました。

本作は、昨年話題になったルポ「貧困大国アメリカ」を読めば、レッドフォード演じる教授と生徒のやりとりがとても面白くみれます。つまり、アメリカでは実際に教育の世界に兵隊リクルートがあるという点で。

本作の出演、監督を務めるロバート・レッドフォードが共和党嫌いなのは有名な話。でも、だからといって映画に独自の政治性を持ち込まない所に熟練した博識を感じます。つまり、映画で安易に答えをだそうとしてない姿勢がうかがえるのです。

次期大統領と目される共和党政治家(トム・クルーズ)、買収され単なるコマーシャリズムとプロパガンダに走る共和党よりのメディアに長く勤める女性ジャーナリスト(メリル・ストリープ)、そしてベトナム戦争にもいったカリフォルニア大学の政治学者(レッドフォード)。これだけの役設定を見れば、本作は反政府的になりっこありません。

この作品の肝は、政治映画というよりそれらの重層的な設定を活かした現在のアメリカのあるがままの姿を描いた映画なのです。だから政治的メッセージを求める人は、本作は向かないでしょう。

末筆ですが、トム・クルーズどことなくやつれましたね。そして、「神様が私を見てくれている」といったフレーズで天を見上げるシーンは最高です。自分自身をパロディできるユーモアのセンスがあるなら、この人は大丈夫でしょう。見なおしました。

あんゆ~る
あんゆ~るさん / 2009年1月5日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

伝えたい事を簡潔に伝えようとしています。

トム・クルーズ、メリル・ストリーブ、
そして、ロバート・レッドフォード共演のこの作品を
公開から遅れる事半年以上たってからようやく観ました。

大学教授役のレッドフォードは、
最近大学生活に失望し始めた優秀な生徒に向って
語りかけます。

その大学教授の教えを受け、社会的に有意な人間になろうとして
二人の生徒は志願して戦地に赴きます。
彼らはこれから始まる新たな先頭の先兵として、
作戦に参加しているのです。

その作戦を企てたのは
イラク戦線を打開しようするトム・クルーズ扮する上院議員で、
その情報をメリル・ストリーブ扮する雑誌記者へリークして、
イラク戦争に厭きている人々の気を
新たな戦いへ向かせようとするのだが
彼女はその罠に気付き。。。
こんな風に、場面は違うが
つながっている三つのポイントをつなぎ
物語を展開させていきます。

監督はレッドフォード、この作品で7作目。
静と動、心理戦と戦局が絡まり、
緊迫したフィクションが展開されていきます。

ここにあるテーマは
政治がマスコミを仲間に引き入れた時、暴走すること。
それを食い止めるのは、我々一人一人の知性であり、
その知性までもが、教育によって歪められる可能性があること。

その昔、アカデミー賞を受けた
「西部戦線異常なし」になにやら似た感じで、
それを、現代の話に置き換えような作風に感じました。

カサキショー
カサキショーさん / 2008年12月4日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私が重視するのは、成績ではなく将来性だ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「大いなる陰謀」(ロバート・レッドフォード監督)から。
大学教授役のロバート・レッドフォードが、呟く。
「私が重視するのは、成績ではなく将来性だ」
現在の成績ではなく、この学生は将来伸びるかどうか、
そんなことを重視しながら教えている、と言いたそうだった。
今の世の中、会社によっては「昇進」のための試験がある。
しかし、それは「現段階の成績」を比較しているに過ぎないし、
試験ではわからない可能性は、加味されることはない。
その将来性、可能性を見極めるのが、登用する側の先見性だろう。
ただ、この台詞とは対照的なフレーズもメモをした。
「将来性、可能性は、気まぐれだ」
なるほどなぁ、それも事実だ、と暗闇の中でメモしながら苦笑い。
何を重視するのか、それはトップの考え方次第だな。
古今東西、今もなお結論が出ない問題だけど、
その結論の成果は10年後、20年後に出るところに面白みがある。
さて・・あなたの職場は?

shimo
shimoさん / 2008年10月13日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結局は丸投げにされていてこの映画ならではの解釈が見えてこない

あらゆる立場のあらゆる人物のもつそれぞれの正義感や価値観とは何かというものを描いている作品でとにかくほとんどが会話をしているディベート映画みたいなもの(>_<)別にそこはいいんだけど案の定、結論は出ない。それどころかこれからどうしていくべきなのかということが描かれておらず最終的に観ている人に「あなたなりに考えてみろ」と言わんばかりに丸投げ状態で終わってしまう(@_@)

 もしこういう政府やらをからませてくる作品を撮るならある程度どこかサイドに偏ってしまったとしてもこの映画ならではの解釈というものを見せてもらいたいと思うものなのにどっちつかずでどのサイドの立場にもあたりさわりがないかのような気を使った描き方自体に大いなる陰謀を感じてしまった(>_<)

Sp!ke-Y
Sp!ke-Yさん / 2008年9月3日 / から投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドキュメンタリーでやればいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

傲慢路線を突き進んできた自国アメリカへの反省映画。
そして思考停止をする若者への説教もたっぷり。

この数年、アメリカがアフガンなどに行ってきたことの総括をしたい人なら観ても発見があるかもしれないが、ある程度の知識がある人なら退屈な説教くさい映画でしかないだろう。
根本的に「映画としてのおもしろさ」に欠けている。かといって、新しい”反省の切り口”があるわけでもなく、これならノンフィクションの書籍を読んだほうがずっといい。
若者の観客には反発されるだけだろう。
ストーリーもつまらない。

tarabagani
tarabaganiさん / 2008年8月29日 / から投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大いなる陰謀

ワシントン、カリフォルニア、アフガン。軍事行動開始から集結へ短い時間にそれぞれの場所で交わされた会話から浮かび上がる今日の合衆国の1断面。
反戦とも、反共和党のプロパガンダとしての主張も明確な作品。その意味では大統領予備選の渦中に投入してこそ価値があるというようなものだが、こんなストレートな政治性をも売りにしてまうショウビズ界の、まず日本では考えられないしたたかさに感じいってしまう。

会話主体の動きの少ない内容だが、動的に構成された脚本と安定感ある演出でとてもスリリングに見せてくれる。メリル・ストリープの格調ある演技が断然素晴らしい。「イエシュ ォアノー」と迫るトム・クルーズのえげつなさがなかなか良くって、かいま見せる俗な表情にも説得力がある。ロバート・レッドフォードの大学教授も理屈っぽくならず、説教臭くなく好感する。しかしこれ、面白いが昨今の風潮からもヒットする内容じゃないし。

アフガン山中に残された二人の若者。じりじりと迫ってくる敵兵に全弾ぶち込んでなお挫けないこの二人、明らかにブッチ・キャシディーとサンダンス・キッドへのオマージュと見えるところに、リベラリスト、レッドフォードの怒りと誇りをかいま見るようだ。

rasen
rasenさん / 2008年5月12日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

えっ?もう終わり?

もうちょっと何かストーリーが続くのかと思いましたが...
何となく釈然としないような。
衛星?で敵味方の兵士の動きが把握できるなら何故、奇襲攻撃を受ける?
あれだけ爆撃して、なお敵兵が押し寄せてくるのは何故?
(普通なら全滅または退却しているのでは?)
トム君の作戦指揮なのか?
弾切れだからって、何故そんなに死に急ぐ?

「無関心でいるな」というメッセージは受け取れましたが。

ちょっと邦画のミッドナイトイーグルぽい印象もありますね。

2008年5月11日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大いなるレッドフォード。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

R・レッドフォードという偉大なる民主権力によるお説教と
とるか、米国の裏戦術が分かる素晴らしいサスペンスだと
とるか、観る人によって様々な反応が期待できる映画ですが、
…地味です。かなり、地味^^;
戦闘機ビュンビュ~ンの内容は期待していませんでしたが、
予告を観る限りでは、ちょっと違う内容を予想していました。
でも従来の彼の作品が好きなら、これも大丈夫かな。

舞台は三場面から構成されており、
T・クルーズ演じる共和党の次期リーダー(巧い!)と、
テレビジャーナリスト役のM・ストリープとの緊迫の対話。
次に、頭がいいのに怠惰な学生と大学教授との対話。
そして対話の中で登場する優秀な二人の学生が、
やがて軍に志願し、現地で起こる実際の戦いを描きます。
どこをとっても、これでもかこれでもかと機知に富んだ
台詞が飛び交い、さすがレッドフォード!という感じです。
今回の「攻撃」そのものは「台詞の応酬」かもしれません。

特に、野心に満ちて人間性を失いつつある政治家を、
自信満々の表情で演じたT・クルーズは良かった。彼の言う
(政治的な表現はよく分からないけど^^;)米国の未来とは、
真の平和とは言い難く、が、そうしなければどうするんだ?
誰がテロを終わらせるんだ!?なんていう、まるで自分が
使命を帯びたかのように朗々と捲くし立てるその態度をみて、
かつて彼を「若手のホープだ!」と絶賛していた自分を
振り返る記者。あの頃の彼には違う理想が見えたのに…。

次に描かれる学生X大学教授との対話においても、
昔と今の政治に対する興味の差、無関心をあげ連ねて、
未来を担うはずだった優秀な学生たちが戦場へ旅立ち、
残った優秀な頭脳は、考えることさえ放棄している現状。
それを憂いている自分をみた学生に、逆ツッコミされる。
「じゃあ先生は、有意義な人生を歩んでいるのか?」

あー。なんだかまるで自分に言われているようでした。
これは誰しも当てはまることなんだな、と。
平和や安全からかけ離れた現実を「否」と分かっても
何かを懸けて闘おうとまでは思わない。どうせムダだ。
そういう無関心がいけないのは分かっていても、
アツくなれない世代が疲れてしまった自分なのかなと。
でも、もちろん「戦争」に加担するのは由とは思いません!

レッドフォード節、健在でした^^;

(トム、こういう役もお似合いね。昔のアイスマンみたい^^;)

ハチコ
ハチコさん / 2008年5月2日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

気がつけば…エンディング(@_@;)

印象《寝られる》にチェック入れましたが…
睡眠時間が短かったのか、本当にウトウトしてまして…
でもって、あんまりドンパチシーンとか無かったので
上映中かなり眠ってた気がします。

結局、あの教授は何をさせたかったのか?
教え子を戦場に行かすつもりは無いって思ってたみたいだけど…

教え子の若者2人犬死しちゃったし…

っていうより、教授役のロバートさんの顔が気になって気になって…
何かしら手を加えてるんだろうけど…それがハッキリ分からず…
若い頃かなりな二枚目さんって年取ると本当にご苦労なさるんでしょうけどネ。

トムはあれで悪役なの?普通に政治家って悪だよね。
自分が大統領になれるんだったら何でもするんだろうし…

メリルさん。。。この役だからなのか、ウエストのラインがちょっと
ドッシリしてた気がします。

でもって、この作品のような自分で考えろ的な映画って
何だか名作を狙ってる気がして嫌いです。

それって観客に丸投げしてて、監督自身答えを出さないで逃げてる気がします。

しかし…この映画の題名、違う気がしますが…誰が考えたのでしょう?

これは予告を超えられなかったね。

レナカナママ
レナカナママさん / 2008年4月29日 / から投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

志、受け取りました

ロバート・レッドフォード様、メッセージ受け取りましたよ。例え討たれるとわかっていても、後に続きますよ、立ち上がりますとも。
重厚な内容でしたが、アメリカ自身の分析に皮肉やおごりがなく引き込まれました。

chocolate
chocolateさん / 2008年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待してはいけない

「大いなる陰謀」というタイトルからイメージして、手に汗握る大作かと思って観に行く人は絶対に裏切られる映画である。椅子に座って向かい合った二人が、早口の会話ばかりしている退屈な作品である。

戦場のシーンが出てくるが、これまた迫力も何も無く、物足りないことこの上ない。映画ではなくて、舞台劇を観ているようなものである。娯楽としてではなく、情報を得たり教養を求めているファンなら満足するかも知れない。

原題は「Lions forLambs」なのに邦題を「大いなる陰謀」にしたのは、ヒットしそうもない映画に観客を集めようとした「陰謀」だったのかも知れない。

JAGABOY
JAGABOYさん / 2008年4月24日 / から投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大いなる陰謀 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

レッドフォード先生に叱られるなまくら学生と同化している自分が怖い。
「くだらない政治家に興味はない。個人の楽しい生活を目指してどこが悪い」「先生、まさか入隊を勧めているんじゃないでしょうね。」こういう言葉は、まさに自分の本音。先生の鼓舞激励によってもなかなか動かされそうもなくずっしりと居座った安定志向、困難回避、他者への無関心・・・この映画が目指すところは、思いのほか遠い地点にある。

9.11の現地アメリカでさえ、レッドフォードが危機感を持って呼びかけるほど無関心が進行している。ましてや、テロはよその事、と考えている日本人にとっては、それこそ時々映画で見る、スクリーンの向こうの世界。映画の出来について、つっこむことはできるが、それ以前にこの映画の突きつけたものの大きさだけは意識しないといけない、と思った。

こんな大きなテーマを、ディベートの形で映画化するなんて、前代未聞。たとえば、「12人の怒れる男たち」も、ディベート・ドラマといえるだろうが、あれは、一人の被告が無実かどうか、に焦点を絞って、陪審員それぞれの人生を投影していく、という、単純明快さがあった。こちらは、戦争を含む社会と個人の関わりかた、というとてつもなく大きなテーマでのディベート。これで映画をつくろうなんて殆ど蛮勇だよ。でも、それをあそこまでまとめ上げた監督や脚本家は偉い!尊敬に値しますよ。そして素晴らしい演技力で、現実味にあふれる作品にした俳優陣も。

特にいつもと違うトムは見ごたえがあった。優しくて、ずるくて、しれっと本音を口にする、虚実が薄紙1枚の表・裏をいったりきたりする人物。善人のふりをする悪人という単純なものではない、奥行きのある演技が良かった。

blueheaven
blueheavenさん / 2008年4月21日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テロとの戦いとは何か? 考えさせられます。

9.11以降、アメリカの映画と言えば”テロとの戦い”がテーマになっていますが、これもその一つ。しかも、最近のアメリカの風潮を反映して、「テロ戦争とは何か?」と言うテロとの戦いへの疑問を明示する内容となっています。

「事件は会議室で起きているんじゃない! 現場で起きているんだ!」と言ったのは、『踊る大捜査線』での青島俊作ですが、会議室で戦争を指揮しようとしているのが、トム・クルーズ演じるアーヴィング上院議員。劇中、「ウェストポイントを主席で卒業した」と言うセリフがあることから、一応の軍勤務経験はあるようですが、同じように「歩兵の経験は?」と聞かれているのでは、会議室での戦争しか経験が無いようです。かなり若い上院議員という設定ですが、そのくらいの歳の上院議員は、本当普通にいるわけですから、アメリカの若さがうらやましいです。

メリル・ストリープ演じるロスは、TV局のベテラン記者。アーヴィング上院議員に呼ばれて、今回の作戦の背景などを個別に説明され、「マスコミも、開戦には喝采した。終戦にも協力すべきだ。」と言う趣旨の事を言われるわけですが、そもそも、自分に個別に説明した胡散臭さを感じ、ある意味”戦争の片棒を担ぐ”ことに疑問を感じ、報道を躊躇します。

ロバート・レッドフォード演じるマレー教授は、直接この二人との絡みは無いのですが、アーヴィング上院議員が企画した作戦に従事する兵士の恩師であると言う設定です。そして、勉学からドロップアウトしそうな優秀な学生との対話を通じ、戦争とは何かということを浮き彫りにしていきます。

基本は、この3人の登場人物で物語りは進みます。この他、アーヴィング上院議員の企画した作戦に従事している兵士(マレー教授の教え子)も、重要な脇役ではあります。

考えさせられる内容です。映画の最後も、何か解決すると言う終わり方ではなく、むしろ、何かを考えさせられる終わり方です。いやぁ、考えさせられました。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2008年4月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レッドフォード から若い人へのメッセージかな

ロバートレッドフォードが出ているので期待して観たが・・・えっここで終わリというところで終わってしまった。レッドフォードが若い人に伝えたい事を映画にしたという感じかな。

jedik2
jedik2さん / 2008年4月19日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それぞれの思惑で「為すべきこと」をしようとするも、他の者へは思いが至らない・・・観客にも?

<ストーリー>
ジャーナリストのジャニーンは、かつて自身が記事で賞賛した共和党上院議員、アーヴィングに独占インタビューを許される。彼はテロ戦争の状況を打開するための、新しい戦略について話し始める。

大学教授のマレーは最近出席率の低い、ゼミの学生トッドを呼び出す。成績優秀な彼に、教授は同じように成績優秀だったが、志願兵となった二人の学生の話をする。

アフガニスタンでの新戦略に参加することになった、マレーの教え子、アーネストとアリアン。ヘリで目的地へと向かうが、伝えられてた情報とは違い・・・

<個人的戯言>
政治家、ジャーナリスト、教授、学生、兵士という、それぞれの視点から見た、「為すべきこと」の意味。それぞれの思惑の中で、物事は動き出してしまいます。しかしこの関係性が、ざっくりした背景等は示されていて、表面的には理解出来ても、心理面での繋がりを明確には見つけられませんでした。それぞれの背景に関して、時間的にも説明する時間が足りなかった気がします。

それぞれの立場により、その思惑には様々なものを抱えているものの、「事」に立ち向かおうとしている姿勢は共通する部分でもあります。

・テロ戦争への逆風の中、今新しい戦略に打って出て、更にジャーナリストにリークする政治家
・かつて持ち上げてしまった政治家の独占インタビューを許されるも、自分の考えと立場に揺れるジャーナリスト
・かつて自身もベトナム戦争を経験し、行動を起こすように学生に説いたものの、戦地に向かう学生が出てきて戸惑う教授
・人種的境遇と若い純粋な思いゆえ、志願兵となることにした二人の学生
・かつては論戦にも参加していたが、今は無気力になっている現役の学生

しかしそれぞれの行動は、一連の流れの中で「為すべきこと」に繋がるのか。流れは観ればわかりますが、そこまで辿り着く「思い」は、5つの立場の細かい背景まで描かれてはいませんでした。特によくわからないのは、志願した学生の思い。確かに人種的境遇は志願する上で大きな意味を持っていたでしょうが、志願を決める前に行われたゼミでの研究発表は、若さゆえと許せる範囲ではない稚拙さが目立ち、本当にそんな考えで志願してしまうのか疑ってしまいます。

それぞれの背景の深いところでの繋がりが明確になれば、よりその関係性の深さを感じることが出来たでしょうが、時間的に厳しかったのも事実です。ちょっとテーマが広範囲になり過ぎたかも。現役の学生と教授の論戦が、最も大きなテーマを炙り出し、最もスリリングだったのですが、それを中心に据えるのは、

・映画の内容的にも(それで映画は作れない・・・)、
・「大人の事情」的にも(メリル・ストリープとトム・クルーズを脇には持ってこれませんものね・・・)

無理ですし・・・全体像を描くのが難しいテーマでした。

ジョルジュ・トーニオ
ジョルジュ・トーニオさん / 2008年4月18日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

21件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi