ファザー、サン
ホーム > 作品情報 > 映画「ファザー、サン」
メニュー

ファザー、サン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「エルミタージュ幻想」など現代ロシアを代表する監督アレクサンドル・ソクーロフが、「マザー、サン」に続いて発表した人間関係に焦点をあてた三部作のうちの第二作目。2003年カンヌ国際映画祭の国際批評家連盟賞を受賞した。俳優には多くの他作品同様に、素人を起用している。

ストーリー

重厚な建物の問の石畳を路面電車が走り、人々の暮らしが数百年にわたってひっそりと息づいている静かな街。古びた建物の最上階に、父親と息子だけの小さな家族が暮らしている。父親(アンドレイ・シチェティーニン)は軍の前線で活躍していたが、今や中年にさしかかり、退役して予備役となった。彼は航空学校の学生だった頃、人生最初で最後の恋愛を経験した。妻となったその女性は、ひとりの男の子を産んだ。二人はともに20歳だった。妻は若くして亡くなったが、彼にとってこの愛は、今でも心のうちに秘めているかけがえのない幸福だった。成長した息子(アレクセイ・ネイムィシェフ)は、父親のように軍隊に入ろうとしている。父親は息子を見るたびに、妻を思い起こす。父親にとって、息子のいない生活など想像もできない。また、息子も父親を献身的に愛している。二人は互いの存在だけで充足して生きてきたが、息子は思春期を迎え、やがて父からの自立を成し遂げてゆく。...

作品データ

原題 Otets I Syn Father and Son
製作年 2003年
製作国 ドイツ・ロシア・フランス・イタリア・オランダ合作
配給 パンドラ
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第56回 カンヌ国際映画祭(2003年)

出品
コンペティション部門
出品作品 アレクサンドル・ソクーロフ

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi