かげろう(2003)
ホーム > 作品情報 > 映画「かげろう(2003)」
メニュー

かげろう(2003)

解説

第二次大戦下のフランスで、孤独な少年と未亡人の恋愛感情を綴るドラマ。監督・脚本は「溺れゆく女」のアンドレ・テシネ。製作は「太陽と月に背いて」のジャン=ピエール・ラムゼイ・レヴィ。脚本は「デュラス 愛の最終章」のジル・トーラン。原作はジル・ペローの小説『灰色の目の少年』。撮影は「彼女たちの時間」のアニエス・ゴダール。音楽は「マドモアゼル」のフィリップ・サルド。衣裳は「トスカ」のクリスティアン・ガスク。出演は「8人の女たち」のエマニュエル・ベアール、「ジェヴォーダンの獣」のギャスパー・ウリエルほか。

ストーリー

1940年6月、パリにはナチス・ドイツ軍が攻め込み、夫を亡くした教師オディール(エマニュエル・ベアール)は、13歳の息子フィリップ(グレゴワール・ルプランス・ランゲ)と7歳の娘カティ(クレランス・メイヤー)を連れて南仏を目指す。やがて爆撃により周囲の人々が倒れていく中、たくましい生命力を持つ17歳の少年イヴァン(ギャスパー・ウリエル)が、母子の命を救った。彼を警戒しながらも、共に森の奥深くへと進むオディールたち。まもなく彼らは無人の屋敷を発見し、そこで共同生活を営むようになる。最初はイヴァンに心を許さず、不法に他人の家に滞在することに罪悪感を持っていたオディールも、徐々にこの生活を受け入れていく。そしてイヴァンが字が読めないことを知った時、彼に字を教えながら、彼女に別の感情が芽生え始めた。そんな中、戦火から逃れた軍人が2人、屋敷にやってくる。イヴァンは過剰に警戒するが、彼らは紳士的な態度に終始し、数日滞在した後、屋敷を去っていく。その途端、何か堰を切ったようにオディールはイヴァンに野外で抱きつき、そのままセックス。しかしまもなく、警察が4人を発見。オディールと子供たちは保護されるが、イヴァンは実は感化院を脱走した少年であることが判明し、そのまま逮捕される。そして彼は、独房で首を吊って自殺してしまうのだった。...

作品データ

原題 Les Egares
製作年 2003年
製作国 フランス
上映時間 95分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第56回 カンヌ国際映画祭(2003年)

出品
コンペティション部門
出品作品 アンドレ・テシネ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全1件)
  • 映像の美しさ、登場人物の心の機微が素晴らしい エマニュエル・ベアールがただ妖艶なだけでなく、戦争未亡人で子供2人を守りながら母として(父としても)重圧に耐えうるけなげな女性を力演しています。彼女達はドイツ軍の爆撃から逃げる最中に、偶然助けら... ...続きを読む

    nuna nunaさん  2014年10月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

DISCO ディスコ[DVD] 彼女たちの時間[DVD] 美しき運命の傷痕[DVD] 天使とデート[DVD]
DISCO ディスコ[DVD] 彼女たちの時間[DVD] 美しき運命の傷痕[DVD] 天使とデート[DVD]
発売日:2009年4月24日 最安価格: ¥4,104 発売日:2003年4月25日 最安価格: ¥4,071 発売日:2006年9月29日 最安価格: ¥2,955 発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥910
Powered by 価格.com

他のユーザーは「かげろう(2003)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi