ホワイト・オランダー
ホーム > 作品情報 > 映画「ホワイト・オランダー」
メニュー

ホワイト・オランダー

劇場公開日

解説

ジャネット・フィッチの全米ベストセラー小説を、豪華女優陣の競演で映画化したヒューマン・ドラマ。美しく支配的な母親が逮捕されたことで、里親を転々とすることになる少女の心の自立と母との葛藤を描く。監督は「嵐が丘」のピーター・コズミンスキー。主人公には新人アリソン・ローマン。その母親にミシェル・ファイファー。共演にレニー・ゼルウィガー、ロビン・ライト・ペン。

ストーリー

美しくカリスマ性を持つ芸術家の母イングリッド(ミシェル・ファイファー)が、恋人殺しの罪で逮捕され、終身刑を宣告された。天涯孤独となった15歳の娘アストリッドは、3人の里親の下を転々とすることに。彼女は里親たちとの新しい生活になじもうと努力するが、そんな娘の変化を敏感に感じ取るイングリッドは、「自分を見失うな、他人に心を許すな」と、獄中からも独善的な価値観で娘を縛り付ける……。...

作品データ

原題 White Oleander
製作年 2002年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ=ヒューマックス
上映時間 109分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全1件)
  • 綺麗なドラマ 本当に素晴らしい映画です。母親の愛情は無垢な子供にとっては本当に縛るもの。私もアストリッドと境遇がにすぎているので本当に感情移入できる映画でマイベストムービーです。ラストも非常に綺麗な終わり方で... ...続きを読む

    sai saiさん  2013年12月11日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi