サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪
ホーム > 作品情報 > 映画「サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪」
メニュー

サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪

劇場公開日

解説

サンタクロースがクリスマスまでに花嫁を探す騒動を描いたハート・ウォーミングな作品。「サンタクローズ」(94年)の続編。監督はこれがデビューとなるマイケル・レムベック。出演は「ギャラクシー・クエスト」のティム・アレン(前作と同役)、「ベティ・サイズモア」のエリザベス・ミッチェル、「地球は女で回ってる」のエリック・ロイド、「ザ・メキシカン」のデイヴィッド・クロムホルツ、「ミート・ザ・ペアレンツ」のスペンサー・ブレスリンほか。

ストーリー

史上最高のサンタクロースとして活躍してきたスコット・カルヴィン(ティム・アレン)が、結婚していないためにサンタの職を追われようとしていた。今から8年前、バツイチでおもちゃ会社のエリート・ビジネスマンであったスコットは、不思議な運命によってサンタになる契約を交わした。それ以来、彼は息子チャーリー(エリック・ロイド)を育てながら、サンタの役割を果たしてきたのである。クリスマスまであと1か月。スコットはクリスマスの準備を自分そっくりの身代わりのおもちゃに任せて、アメリカへと花嫁探しに出掛ける。おもちゃの国では身代わりのサンタが反乱を起こし大騒動を繰り広げるものの、彼はキャロル(エリザベス・ミッチェル)という愛する女性を見つけ、見事結婚するのだった。...

作品データ

原題 The Santa Clause 2
製作年 2002年
製作国 アメリカ
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル
上映時間 105分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi