私の男(1996)
ホーム > 作品情報 > 映画「私の男(1996)」
メニュー

私の男(1996)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

愛を与えるという自分の職業に満足しきっている娼婦と、そのヒモの関係の姿を皮肉なタッチで描くファンタジー・ドラマ。監督・脚本・台詞は「ひとりぼっちの恋人たち」などのベルトラン・ブリエ。製作は「とまどい」のアラン・サルド。撮影は「ママと娼婦」の名手ピエール・ロム。音楽にはバリー・ホワイトの曲を使用。主演は「メルシー・ラ・ヴィ」以降3作連続の出演となり、私生活でもベルトラン・ブリエ夫人であるアヌーク・グランベール、「メランコリー」のジェラール・ランヴァン、「おせっかいな天使」のヴァレリア・ブルーニ=テデスキのほか、「メロ」のサビーヌ・アゼマ、「アパートメント」のジャン=フィリップ・エコフェ、ジャン=ピエール・レオー、『憎しみ』の監督マチュー・カソヴィッツらがゲスト出演。96年度ベルリン映画祭主演女優賞(アヌーク・グランベール)受賞。

ストーリー

娼婦マリー(アヌーク・グランベール)は自分の仕事を最高の天職だと思っており、ホテルの前で退屈そうにしていた主婦ジルベルト(ドミニク・ヴァラディエ)までこの職業に引き込んでしまう。ある雪の日、マリーは浮浪者のジャノ(ジェラール・ランヴァン)を家に泊めてやる。彼と抱き合ったときマリーはこの上ない悦楽を感じ、彼を愛してヒモとして養うことにする。マリーはジャノの愛に包まれて、いよいよ仕事にも身が入る。ジャノは時にはマリーの客の接待もするが、嫌気がさして町に出て、様々な女たちに声をかける。彼は特に美容室のマニキュア係サンギーヌ(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)が気に入り、彼女をマリーのような娼婦にしようとするが、サンギーヌはジャノを愛しつつもそれには耐えられない。やがてサンギールが囮捜査官にひっかかり、ジャノは売春斡旋で逮捕される。警察に呼び出されたマリーは初めてじぶんの男の正体を知る。酒場でサンギーヌと語り合ったマリーは娼婦の仕事を放棄し、一人の男に愛を捧げて子供を生むと決心する。彼女はカフェで見かけた無一文だが誇り高い青年ジャン=フランソワに恋した。ジャノが刑期を終えて出てくると、ベランジェール(サビーヌ・アゼマ)という女が、あなたをずっと待っていたと言って無理やり家に連れて帰る。ジャノは彼女のヒステリーからなんとか抜け出す。ジャン=フランソワは職探しに懸命だが、人事担当者に小馬鹿にされて追い返されるばかり。マリーは夫と子供のために再び街に立つが、男たちは冷たく通り過ぎるばかりだ。彼女が侮辱されたところを助けたのはサンギーヌだった。サンギーヌと一緒に家に帰ると、そこには廃人のようになったジャノがいた。彼は「女たちよ、許してくれ」と呟く。...

作品データ

原題 Mon homme
製作年 1996年
製作国 フランス
配給 シネカノン
上映時間 98分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第46回 ベルリン国際映画祭(1996年)

ノミネート
銀熊賞(最優秀女優賞) アヌーク・グランベール

他のユーザーは「私の男(1996)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi