ハンナ・セネシュ
ホーム > 作品情報 > 映画「ハンナ・セネシュ」
メニュー

ハンナ・セネシュ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

第2次世界大戦において、ユダヤ人のレジスタンスとしてナチスと戦ったある女性の半生を、実話を基に描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはオットー・プラシュキス、製作・監督・脚本は「デルタ・フォース」のメナハム・ゴーラン、共同製作はヨーラン・グローバス、原作はヨエル・パルギ、撮影はエレマー・ラガリー、音楽はドヴ・セルツァーが担当。出演はマルーシュカ・デートメルス、エレン・バースティンほか。

ストーリー

ハンガリーの著名なユダヤ人作家の娘として、ハンナ・セネシュ(マルーシュカ・デートメルス)は自分も父のような作家になることを夢見ていたが、ヒトラーの台頭による反ユダヤ主義がハンガリーにも襲い始め、彼女は母のカタリン(エレン・バースティン)に別れを告げ、パレスチナの農業学校に入学する。やがて第2次大戦の戦火は広がり、ハンナのもとに同じハンガリー出身の英国軍人ヨエル・バルギ(ヴィンセンツォ・リコッタ)が現われる。彼からハンガリーに戻るのは英国空軍に入隊するのがいい、と告げられ、自殺行為と知りつつも入隊する。折しもユーゴスラヴィアに投下したハンナたちは、ナチによるハンガリー占領を知り、国境越えのパルチザンに志願する。そして激しい銃撃戦を乗り越え、国境を越えたハンナは、ブダペストまでもう一歩というところでドイツ軍人に逮捕され、刑務所に留置される。ハンナはローザ大尉(ドナルド・プレザンス)の拷問にも口を割らなかったが、母を恐喝の手段にされ絶望する。しかしロシア軍の進行により、刑務所に収容されていた人々が解放されようとする時、ハンナはサイモン大尉(デイヴィッド・ワーナー)の告白により反逆罪で死刑を宣告される。こうしてハンナは銃撃隊に射殺され、その短い一生を閉じる。時は、ヨーロッパ解放が近づきつつある、寒い朝の日のことだった。...

作品データ

原題 Hanna's War
製作年 1988年
製作国 アメリカ
配給 デラ・コーポレーション

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ハンナ・セネシュ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi