盗まれた飛行船
ホーム > 作品情報 > 映画「盗まれた飛行船」
メニュー

盗まれた飛行船

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

19世紀末期のベル・エポックの都会を舞台に飛行船で大空に出た5人の少年たちの奇想天外な冒険を実写とかきわりを組み合わせて描く。監督はカレル・ゼマン。ジュール・ヴェルヌの原作を基にゼマンとラドファン・クラートキが脚色。撮影はヨゼフ・ノヴェトニーとボフスラフ・ピクハルット、音楽はヤン・ノヴァクが担当。出演はミハル・ポスピシル、ハヌジュ・ボールほか。

ストーリー

20世紀になろうかというころのある都会。気球や人力飛行機が時代の花形だったころ、町にやって来たヤコフ(ミハル・ポスピシル)たち3人の少年は、マジックの少年とケンカし、気球にのりあわせるはめになった。この気球は、持ち主のフィンディス(チェストミール・ジャンダ)を残して空に飛びたっていった。フィンディスの秘書に接近していたスヴュトゾール新聞社のカメラマンは、この事件を知って少年たちの家へ行ってみるが、締め出されるはめに。彼は記者と相談の上、少年たちの事件を想像で大冒険物語にでっちあげることにした。少年たちが某国“空軍”に追われたり苦労している頃、町では、フィンデスが捜索に懸賞金を出したり、政府が対策会議を開いたり大変な騒ぎになっていた。少年たちは海上で暴風雨にあい孤島に不時着し、気球は炎上してしまう。島内の探険に出かけた彼らは、そこでネモ船長とノーチラス号の基地らしい所を発見したり、ビンに入れた手紙を海中に放ったりしていた。やがて捕虜になっていた富豪の娘を自分たちの味方にひき入れた末、銃やボートを奪い海賊たちと戦い海底に捨てられた宝の箱等をとって戻ってきた子供たちは、政府のお偉方や億万長者とその娘カテリーナ(イトカ・ゼレノホルスカー)らの歓迎を受けるのだった。...

作品データ

原題 The Stolen Airship
製作年 1966年
製作国 チェコスロバキア
配給 ケイブルホーグ
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi