ドールズ(1986)
ホーム > 作品情報 > 映画「ドールズ(1986)」
メニュー

ドールズ(1986)

劇場公開日

解説

人間たちを襲う人形の恐怖を描いたホラー映画。製作はブライアン・ユズナ、監督は「ZONBIO 死霊のしたたり」のスチュアート・ゴードン、エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・バンド、脚本はエド・ナハ、撮影はマック・アールバーグ、音楽はリチャード・バンド、特殊メイクはジョン・ビュークラーとMMIがそれぞれ担当。出演はイアン・パトリック・ウィリアムズ、ガイ・ロルフほか。

ストーリー

イングランドの郊外を休暇中のデイヴィッド・バウアー(イアン・パトリック・ウィリアムズ)とその新しい妻ローズマリー(キャロリン・パーディ・ゴードン)、先妻との娘ジュディ(キャリー・ロレイン)は、嵐のため車が立ち往生してしまい、近くの古い屋敷に避難する。その屋敷にはガブリエル(ガイ・ロルフ)とヒラリー(ヒラリー・メイソン)のハートウィック夫妻が住んでおり、手作りの人形を作っている。ローズマリーに捨てられた熊のぬいぐるみの替りに人形のパンチを貰ったジュディは大喜びだった。さらに純情なセールスマンのラルフ(スティーヴン・リー)、パンクギャルのイザベルとイニッドが雨やどりに来る。イザベルは屋敷の骨董品を盗もうとするが、人形たちに襲われ殺される。それを目撃したジュディはデイヴィッドやローズマリーに話すが、ラルフのほかは誰も信じてくれない。続いてイニッド、ローズマリーも人形に襲われて殺され、ラルフも襲われるが心優しく子供の心を理解する彼は人形たちの協議によって助けられる。デイヴィッドはローズマリーが殺されたのはラルフの仕業と思い込み、殴りかかる。デイヴィッドに向かってパンチを先頭とした人形集団が一斉に立ち上がる。怒り狂ったデイヴィッドは人形を破壊する。騒ぎを聞きつけたハートウィック夫妻が階下に降りて来る。壊されたパンチを手に、修理しなければと微笑むガブリエル。するとデイヴィッドの顔がパンチの顔に変形し、縮んでゆく。嵐も去った翌朝、新しく並べられた人形は、デイヴィッドを始めとする、昨晩殺された人びとの顔にそっくりであった。...

作品データ

原題 Dolls
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 ベストロン映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全1件)
  • ずば抜けて不気味 凄まじい不気味さと恐怖。 それなのに、子供の頃何度もビデオで観てしまった。 しかも、我が家にはこういう人形がいっぱい(母の趣味で)飾ってあったので、恐怖は倍。 夜中トイレに行く時はもちろん、階段... ...続きを読む

    Arco Arcoさん  2016年4月26日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ドールズ(1986)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi