動物と子供たちの詩
ホーム > 作品情報 > 映画「動物と子供たちの詩」
メニュー

動物と子供たちの詩

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

不良少年たちの心に灯った動物への慈悲は、残酷な結末を招いてしまう。製作・監督は「招かれざる客」のスタンリー・クレイマー、グレンドン・スウォースアウトの原作をマック・ベノフが脚色、撮影はミシェル・ユーゴー、音楽はバリー・デヴォーゾンとペリー・ボトキン・ジュニア、編集はウィリアム・ライオンが各々担当。出演はバリー・ロビンズ、ビル・マミー、マイルズ・チャピン、ボブ・クレイマー、マーク・バハニアン、ダレル・グレイザーなど。

ストーリー

頑健な身体を造るためのアリゾナ州ボックスキャニオン、ボーイズ・キャンプの中にコットン(バリー・ロビンズ)、テフト(ビル・マミー)、シェッカー(マイルズ・チャピン)、ラリー兄弟(ボブ・クレイマー、マーク・バハニアン)、グッデナウ(ダレル・グレイザー)の落第グループが混じっていた。まともなのはコットン1人で他の5人は何をやらしても失敗ばかり。6人の親たちはいずれも旅行がちだったり、離婚したり、仕事に忙しくて子供は放任しっぱなしで、すっかり見離されている。キャンプでもやっかいものだった。ある日、野牛牧場で野牛たちが遊技狩猟の目的で射殺されるのを目撃した6人はショックを受け、監視の目を盗んで野牛たちを逃がしてやろうと決意したのだ。かなり遠い牧場への途中、トラックを失敬した彼らが、山や谷を越え、牧場までもう少しというところでガソリンが切れてしまった。6人はくじけそうになりながらも、コットンをリーダーに力を振り絞って丘を登り切ると、下に野牛牧場が広がっていた。6人は早速、柵を壊して野牛を追い立てた。ところが野牛はいつまでも柵のまわりをウロウロしている。いらだったコットンが車に飛び乗り野牛の群れに突っ込んだ。その時騒ぎを聞き付けたハンターたちがやってきて、一斉に銃を発砲した。しかし射たれたのは運転中のコットンだった。...

作品データ

原題 Bless the Beasts & Children
製作年 1971年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第44回 アカデミー賞(1972年)

ノミネート
主題歌賞 “Bless The Beasts & Children”

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「動物と子供たちの詩」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi