鑑定士と顔のない依頼人
ホーム > 作品情報 > 映画「鑑定士と顔のない依頼人」
メニュー

鑑定士と顔のない依頼人

劇場公開日

解説

「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、ジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描くミステリー。天才的な審美眼を誇る鑑定士バージル・オドマンは、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受け、ある屋敷にやってくる。しかし、依頼人の女性クレアは屋敷内のどこかにある隠し部屋にこもったまま姿を現さない。その場所を突き止めたバージルは我慢できずに部屋をのぞき見し、クレアの美しさに心を奪われる。さらにバージルは、美術品の中に歴史的発見ともいえる美術品を見つけるが……。音楽はトルナトーレ作品常連のエンニオ・モリコーネ。イタリアのアカデミー賞と言われるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞、監督賞、音楽賞をはじめ6部門を受賞。

作品データ

原題 La migliore offerta
製作年 2013年
製作国 イタリア
配給 ギャガ
上映時間 131分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

インタビュー

トルナトーレ監督、G・ラッシュ主演ミステリーで見せる「恋のプロセス」
インタビュー

イタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督といえば、傑作「ニュー・シネマ・パラダイス」に代表されるあふれ出る映画愛の人だ。映画に限らず、「マレーナ」では少年時代に抱いた女性への恋慕、「シチリア!シチリア!」では故郷と家族への思いなど、...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

豪華絢爛な意匠を凝らした“完璧なる破滅”へのミステリー
鑑定士と顔のない依頼人の映画評論・批評

ミステリーやフィルム・ノワールのジャンルでは、謎めいた美女と恋に落ちることは破滅の始まりだ。例えば古典スリラー「飾窓の女」の主人公は、街のショーウィンドウに飾られた美女の肖像画に見惚れたとたん、想像を絶する悪夢に引きずり込まれていった...鑑定士と顔のない依頼人の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全164件)
  • なんとも言えない観終わり感 何とも言えないやるせない観終わり感だけど、エンニオ・モリコーネの音楽がピシッと引き締めてくれる感じ。 映画としてはまあまあ良かった。 ...続きを読む

    SelfishCat SelfishCatさん  2016年12月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 虚しい映画 中だるみをしてしまうが、主人公の虚しさが静かに浸透してくる映画。なんとも言えない気持ちで見終わる。 (2015/5/8鑑賞) ...続きを読む

    豆田 豆田さん  2016年11月19日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • ずさーん ネタバレ! ラストまで行くと、なんていうか、 「ずさーん」って気持ち。笑 ラストあたりで、ズザザザザーって追い討ちをかけられる。スピード感がすごい。 あの絵の部屋に入った時の喪失感。 「ヒッ」って悲鳴が出て... ...続きを読む

    buru buruさん  2016年11月4日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

鑑定士と顔のない依頼人(字幕版) 鑑定士と顔のない依頼人 鑑定士と顔のない依頼人 鑑定士と顔のない依頼人
鑑定士と顔のない依頼人(字幕版) 鑑定士と顔のない依頼人 鑑定士と顔のない依頼人 鑑定士と顔のない依頼人
2014年11月7日 2016年8月6日 2016年11月12日 2014年11月2日
¥300 ¥933 ¥540 ¥500
iTunes Hulu GYAO!ストア ビデオマーケット
※2週間は無料 ※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「鑑定士と顔のない依頼人」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi