道中の点検
ホーム > 作品情報 > 映画「道中の点検」
メニュー

道中の点検

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

独軍占領下でのあるパルチザン小隊の活動を背景にそこでうずまく友情、信頼、裏切り、反目を描く。監督はアレクセイ・ゲルマン、脚本はエドゥアルド・ヴォロダルスキー、原作はユーリー・ゲルマン、撮影はL・コルガノフ、B・アレクサンドロスキー、V・ミローノフ、音楽はイサーク・シュワルツが担当。出演はローラン・ブイコフ、ウラジミール・ザマンスキーほか。

ストーリー

1942年冬。ロコトコフ隊長(ローラン・ブイコフ)が率いるパルチザン隊は独軍占領下のロシア北西部で、ナチスの懲罰隊に包囲されながら困難な活動を続けていた。その部隊にラザレフ(ウラジミール・ザマンスキー)と名のる男がやってきた。彼はソビエト軍伍長で独軍に捕えられ、一度は敵側に寝返ったが、今は後悔し罪を償おうと、占領下のカルナウホヴォを脱出してきたという。ロコトコフ隊長は、裏切者呼ばわりする隊員たちの声をよそにラザレフに食事を支給することを命じた。直情型のソローミン(オレーグ・ボリーソフ)が、そんな隊長に反撥する。ソローミンに同調するペトゥシコフ少佐(アナトリー・ソロニーツィン)。翌朝、独軍を襲い食糧調達をするラザレフ、ソローミン、エロフェイチの三人。ソローミンが敵の弾丸に倒れ、その疑惑がラザレフに向けられる。耐えられなくなったラザレフは自殺未遂を起こした。だが、命をとりとめ、ロコトコフは、彼に身の潔白を立てるチャンスを与えた。それは、ドイツ兵に変装した四人のパルチザンが、独軍支配下のカルナウホヴォの貨物駅に潜入し、食糧を満載した軍用列車を味方の陣営に移送しようとするものだった。亡きソローミンの恋人インガ(アンダ・ザイツェ)を含む四人が乗り込む。ドイツ兵に気づかれずに、引込み線の貨車の合間を縫って食糧列車まで一気に辿りつこうとする三人。その仲間を守り一人、監視台に上り敵の注意を引くラザレフ。貨車がいよいよ引込線を離れ、監視台からラザレフも飛び移ろうとした瞬間、計略が発覚し、サイレンが鳴り響いた。激しい交戦の末、走り出す貨物列車を見届けたかのように、鉄路に崩折れるラザレフ……。...

作品データ

原題 Troverna na Dorogakh
製作年 1986年
製作国 ソ連
配給 日本海映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「道中の点検」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi