セントラル・ステーション
ホーム > 作品情報 > 映画「セントラル・ステーション」
メニュー

セントラル・ステーション

劇場公開日

解説

父親探しを通して芽生えた少年と中年女性の心の交流を暖かく描いたロードムービー。監督はドキュメンタリーも手がけるヴァルテル・サレス。脚本はジョアン・エマヌエル・カルネイロとマルコス・ベルンステイン。製作は「天国の約束」のアルテュール・コーンと「ヴィゴ」のマルティーヌ・ド・クレルモン=トネール。製作総指揮はエリザ・トロメッリ、リリアン・ブリムバウム、ドナルド・ランヴォ。撮影はヴェルテル・カルバーリョ。音楽はアントニオ・ピントとブラジル音楽シーンで活躍するジャキス・モレレンバウム。美術はカシオ・アマランテ、カルラ・カフェー。編集はイザベル・ラテリー、フェリーペ・ラセルダ。録音はジャン=クロード・ブリッソン、「アンダーグラウンド」のフランソワ・グルー、ブルーノ・タリエール、ヴァルディル・グザヴィエ。出演はブラジルの名女優フェルナンダ・モンテネグロ、本作が映画初出演の子役ヴィニシウス・デ・オリヴェイラほか。98年ベルリン映画祭金熊賞(グランプリ)銀熊賞・主演女優賞(モンテネグロ)受賞。第71回(98年度)アカデミー主演女優賞(モンテネグロ)ノミネート。

ストーリー

リオの中央駅で代筆屋を営む中年女ドーラ(フェルナンダ・モンテネグロ)の所へ少年ジョズエ(ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ)と母親がやって来た。だが父親への手紙を依頼した直後、母親が交通事故で急死。ドーラは行き場を失ったジョズエを家に連れ帰り、翌日彼を養子縁組斡旋所に売り渡した。しかしそこが臓器売買組織だと知って慌てて連れ戻し、住所を頼りに父親探しへ旅立つ。途中で無一文になりながらもジョズエの機転で切り抜け、父親の家にたどり着く。そこにはジョズエの腹違いの兄達が行方不明の父の帰りを待っていた。翌朝眠っているジョズエを残し、静かにドーラは立ち去る。...

作品データ

原題 Central do Brasil
製作年 1998年
製作国 ブラジル
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 111分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第71回 アカデミー賞(1999年)

ノミネート
主演女優賞 フェルナンダ・モンテネグロ
外国語映画賞  

第56回 ゴールデングローブ賞(1999年)

受賞
最優秀外国語映画賞  
ノミネート
最優秀主演女優賞(ドラマ) フェルナンダ・モンテネグロ

第48回 ベルリン国際映画祭(1998年)

ノミネート
金熊賞 ウォルター・サレス
銀熊賞(最優秀女優賞) フェルナンダ・モンテネグロ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全1件)
  • 性善 ブラジルを舞台にし、代筆業を営む初老の女性と、幼くして母を亡くした少年の交流を描く。 始めはブラジルの実情が日本と大きく異なる事に驚く。 途中主人公の悪っぷりに呆れ笑い、 最後は上手くまとまりま... ...続きを読む

    awahira awahiraさん  2015年1月11日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「セントラル・ステーション」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi