ジャ・ジャンクーの創作の原点に迫るドキュメンタリー W・サレス監督との出会いはベルリン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月25日 > ジャ・ジャンクーの創作の原点に迫るドキュメンタリー W・サレス監督との出会いはベルリン
メニュー

ジャ・ジャンクーの創作の原点に迫るドキュメンタリー W・サレス監督との出会いはベルリン

2014年11月25日 16:40

来日したジャ・ジャンクー監督「ジャ・ジャンクー、フェンヤンの子」

来日したジャ・ジャンクー監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 有楽町朝日ホールで開催中の第15回東京フィルメックスで、ブラジルの映画作家ウォルター・サレス監督によるドキュメンタリー「ジャ・ジャンクー、フェンヤンの子」が11月25日、特別招待作品としてサプライズ上映され、本作に出演したジャ・ジャンクー監督が作品について語った。

モーターサイクル・ダイアリーズ」「オン・ザ・ロード」で知られるサレス監督が、ジャ・ジャンクーが生まれ育った山西省フェンヤン(汾陽)の街や生家、商店街をワン・ホンウェイらと歩き、「プラットホーム」のロケ地ピンヤオ(平遥)を訪ねるほか、チャオ・タオユー・リクウァイらへのインタビューを実施。ジャ・ジャンクーを取り巻く人々と、現代中国社会を描く鬼才の創作の背景に迫る。

今回、完成の一歩手前のウォークインプログレス版で上映され、ジャ・ジャンクー監督は「昨年、パリで3日間、北京で3日間と、私の生まれ故郷汾陽で8日間撮影しました。パリの部分はカットされていますが、未完成の作品をフィルメックスで上映していただき感謝しています」と説明する。

一瞬の夢」がフォーラム部門上映された1998年のベルリン映画祭で、「セントラル・ステーション」をコンペに出品していたサレス監督と知り合い、交流を深めたことが本作製作のきっかけだと明かす。

「サレス監督に、サンパウロの映画祭に招待されて、私のドキュメンタリーを撮りたい、批評を書きたいと言われたのです。冗談だと思っていたことが実現しました」と語り、「短い撮影期間の中、サレス監督は私の周りの多くの人に取材をしました。南米を旅する人(サレス監督)と中国各地を旅する人(ジャ・ジャンクー)が出会ってこのような作品が生まれるとは思いませんでした」とそれぞれ遠く離れた地で活躍する映画作家ふたりのコラボレーションを振り返った。

第15回東京フィルメックスは、有楽町朝日ホールほかで11月30日まで開催。

罪の手ざわり[DVD] 罪の手ざわり[DVD] 最安価格: ¥4,331 賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督が贈る、激変していく中国社会の現在を、武侠映画の要素を交えて描いた社会派バイオレンス・アクション娯楽作品。
世界[DVD] 世界[DVD] 最安価格: ¥4,177 各国の映画祭で数々の賞を受賞し、その名を世界に知らしめた『プラットホーム』『青の稲妻』のジャ・ジャンクー監督が放つ長編ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi