ジャン・コクトー 知られざる男の自画像
ホーム > 作品情報 > 映画「ジャン・コクトー 知られざる男の自画像」
メニュー

ジャン・コクトー 知られざる男の自画像

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1963年に没したフランスの芸術家ジャン・コクトーの人生と仕事についてを、本人の残した言葉を基にコラージュしたドキュメント形式の作品。製作はクロード・ショーヴァ、監督・脚本はアルゼンチン生まれのエドガルド・コザリンスキー、原案はキャロル・ウェスウェレル、撮影はジャン・ルイ・レオン、編集はジョルジュ・クロッツ、カトリーヌ・デプラッツ、録音はエルヴィル・レルネールが担当。登場する人物はコクトーの他にエリック・サティ、レイモン・ラディゲ、ココ・シャネルなど。

ストーリー

映画「アリアドーネの糸」は、詩人自らの言葉で綴られる彼の芸術の輪郭そのものだ。その中では、ラディゲ、アポリネール、サティ、“ロシア・バレー団”とニジンスキーやディアギレフ、ストラヴィンスキー、ピカソらとのエピソードが語られる。さらに彼が13年間にわたって住んでいたカップ・フェラの自宅、彼が内装を手がけたヴィルフランシュの礼拝堂、マントンの結婚式場でのコクトーとジャン・ルノワールとの会話、フランス南部のカップ・ダイユで彼が美術を担当したギリシャ演劇、ミリー・ラ・フォレの彼の魅惑的な彫刻が庭に置かれた邸宅などが映される。使用されたフィルムはロジェ・ステファンによる Portrait Souvenir と Cocteau et le Cinema、フレデリック・ロシフ Cinepanorama、ミシェル・ミトラーニ Plaisir des Arts など。コクトーの「詩人の血」「美女と野獣」「恐るべき親たち」「オルフェ」「オルフェの遺言」「サン・ソスピールの山荘」、ジャン・ピエール・メルヴィルの「恐るべき子供たち」、ジャック・ドミーの「グレヴァン美術館」が部分的に使われている。音楽もコクトー作品使用曲をはじめ、サティ、ストラヴィンスキー、チャーリー・パーカー等が使われている。...

作品データ

原題 Jean Cocteau: Autoportratd'un Inconnu
製作年 1983年
製作国 フランス
配給 ユーロスペース
上映時間 67分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

双頭の鷲[DVD] オルフェ[DVD] 恐るべき子供たち[DVD] アモーレ[DVD]
双頭の鷲[DVD] オルフェ[DVD] 恐るべき子供たち[DVD] アモーレ[DVD]
発売日:2008年7月25日 最安価格: ¥2,700 発売日:2009年3月19日 最安価格: ¥1,029 発売日:2013年2月22日 最安価格: ¥1,000 発売日:2004年5月25日 最安価格: ¥2,873
Powered by 価格.com

他のユーザーは「ジャン・コクトー 知られざる男の自画像」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi