カミーラ
ホーム > 作品情報 > 映画「カミーラ」
メニュー

カミーラ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

19世紀半ばのブエノスアイレスで実際にあった事件を基に作られた、許されない愛のために命をかけた男女の悲劇。監督・脚本はこれが3作目となるマリア・ルイサ・ベンベルグ、エグゼクティヴ・プロデューサーはリタ・スタンティク、共同脚本はベーダ・ドカンポ・フェイホーとホアン・バウンティスタ・スタグナーロ、撮影はフェルナンド・アリバス、音楽はルイス・マリア・サーラが担当。

ストーリー

1847年、統一派と連邦派が対立するブエノスアイレス。連邦派で、カトリック社会の中心的存在である名家オゴルマン家の娘カミーラ(ススー・ペコラーロ)は、父アドルフォ(エクトル・アルテリオ)の封建的で厳しいしつけにもかかわらず、詩や小説を読みふける想像力豊かな少女だった。ある日、カミーラは、新任の若い神父ラディスラオ・グティエーレス(イマノル・アリアス)と出会い、一目で惹かれあう。しかし神職にあるグティエーレスの恋が許されるはずもなく、彼は罪悪感に悩み、カミーラを避けていた。だが、統一派と目された本屋の店員が連邦派から見せしめの処刑を受けたとき、暴力を否定し「分裂していては国家は存続できない」とミサの説教で怒りと悲しみをぶつけるグティエーレスに、カミーラはますます彼を尊敬し想いを募らせるのだった。やがて、カミーラはグティエーレスと駆け落ちする。遠く離れた小さな町で、2人は名前を変え、慎ましく幸せに暮らし始めた。それでも、グティエーレスは神を裏切った苦しみに悩み、その姿はカミーラをも苦しめる。だが、やがてふたりは居場所を知られ、ブエノスアイレスに連れ戻されてしまう。投獄されたふたりを、街の人たちは何とか助けたいと手を尽くしたが、統一派はこの事件をスキャンダルとして利用し、連邦派の失墜を計った。総督は自らの威信のためにも、銃殺刑の命令を変えようとはしなかった。カミーラは身籠っており、それは神の許しかとも思えたが、容赦なく2人は銃殺された。2人の遺体はひとつの棺に納められ、永遠の眠りについたのだった。...

作品データ

原題 Camila
製作年 1984年
製作国 アルゼンチン・スペイン合作
配給 岩波ホール

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第57回 アカデミー賞(1985年)

ノミネート
外国語映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

ドーパミン[DVD] アメリア 永遠の翼[Blu-ray/ブルーレイ] ディスコード/ジ・アフター[DVD] 紀元前1万年[DVD]
ドーパミン[DVD] アメリア 永遠の翼[Blu-ray/ブルーレイ] ディスコード/ジ・アフター[DVD] 紀元前1万年[DVD]
発売日:2007年8月3日 最安価格: ¥3,959 発売日:2011年9月21日 最安価格: ¥1,028 発売日:2015年6月3日 最安価格: ¥3,342 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥900
Powered by 価格.com

他のユーザーは「カミーラ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi