美しき冒険旅行
ホーム > 作品情報 > 映画「美しき冒険旅行」
メニュー

美しき冒険旅行

劇場公開日

解説

オーストラリアの原住民の間には男子が十六歳になると、着のみ着のままの姿で未開の地に送り込まれ、そこで一年間独力で暮らしていかなければならないという風習がある。その風習は“ウォーカバウト”(原題)と呼ばれている。未開の地に迷い込んだ白人姉弟と、ウォーカバウトを修業中の原住民の少年の心暖まる交流を描く。製作はサイ・リトビノフ、ジェームズ・ヴァンス・マーシャルの小説「ウォーカバウト」をエドワード・ボンドが脚色。監督・撮影はニコラス・ローグ、音楽はジョン・バリー、編集はアントニー・ギブス、アラン・パティロが各々担当。出演はジェニー・アガター、リュシアン・ジョン、デイヴィッド・ガルピリル、ジョン・マイロン、ピーター・カーバー、ジョン・イリングスワースなど。

ストーリー

父(J・マイロン)に連れられて砂漠へ遊びにきていた十四歳の少女(J・アガター)と六歳の息子(L・ジョン)は、父が自殺したために、そこにとり残され、途方に暮れた娘は弟を連れて砂漠をさまよった。帰るすべを知らない二人は翌日も放浪の旅を続けるが、そのうちに食物も水もなくなってしまった。そんな時、大人の仲間入りするための旅を続けている原住民の少年(D・ガルピリル)と知りあい、水のある所へ案内してもらった。やがて姉弟と原住民の少年は、互いにうちとけるようになり、仲よくなった。彼らは一緒に狩りをし、泳ぎ、色色な遊びをした。また数々の冒険も経験し、次第に小さな一つの家族をつくっていった。その後、三人は砂漠を越え、小さな空家にたどりついた。三人はその家に住むようになり、男は食物を探すために表にでて、女の子は家を守った。ある日少女が、上着を洗濯していると、突然少年が現われ、彼は踊りだした。その踊りは次第に激しく熱をおび、彼が少女に愛を呼びかけているのは確かだった。少年の踊りは夜中まで続き姉弟は眠りについた。翌朝、姉は原住民の少年の遺体を発見した……。姉弟は無事町にたどりついた。この町には一人の老人がおり、彼の案内でホテルにとまり、救助された。数年後、成長した少女は平凡な主婦として生活していた。しかし彼女の眼はうつろだった。彼女の脳裏には、原住民の少年と十四歳の少女とその弟が、汚染されない未開地の世界で、自由に、何ものにも拘束されずに裸で泳いでいた日の姿がやきついて離れなかった。...

作品データ

原題 Walkabout
製作年 1971年
製作国 イギリス
配給 フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「美しき冒険旅行」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi