従妹ベット
ホーム > 作品情報 > 映画「従妹ベット」
メニュー

従妹ベット

劇場公開日

解説

自分をないがしろにした一族への復讐に燃えるヒロインの姿をコミカルに描いた一編。フランスの文豪オノレ・ド・バルザックが1846年に『人間喜劇』の一部として発表した同名小説の映画化。監督は劇作家・舞台演出家として知られるデス・マカナフで、本作が劇場映画デビュー。脚本は劇作家でもある「クール・ランニング」のリン・シーファートとスーザン・タールの共同で、ロブ・シードリンガーと組んで製作総指揮も担当。製作は「ベント 堕ちた饗宴」のサラ・ラドクリフ。撮影は「パルプ・フィクション」のアンジェイ・セクラ。音楽は「シャロウ・グレイブ」のサイモン・ボズウェル。美術は「ニル・バイ・マウス」のヒューゴ・ルジック=ウィホウスキー。編集は「英国万歳!」のタリク・アンワールと「クルックリン」のバリー・アレクサンダー・ブラウン。衣裳は「スカーレット・レター」のガブリエラ・ペスクッチ。主演は「沈黙のジェラシー」のジェシカ・ラング。共演は「リービング・ラスベガス」のエリザベス・シュー、「ニクソン」のボブ・ホスキンス、「仮面の男」のヒュー・ローリー、「ハーモニー」のアデン・ヤング、「トレインスポッティング」のケリー・マクドナルド、「チャーリー」のジェラルディン・チャップリンほか。

ストーリー

パリ。1846年。ベット(ジェシカ・ラング)は貴族ヒューロット家の一員ながら、下町でバーレスクの衣裳係の仕事をしていて、一族では日陰者扱い。さて、ベットはかつて恋した当主ヘクター(ヒュー・ローリー)を美しい従姉アドリーヌ(ジェラルディン・チャップリン)に奪われた。アドリーヌの急死で、ベットは後妻の座を期待したが、放蕩で財産を食い潰したヘクターからは、娘ホルテンス(ケリー・マクドナルド)の家政婦になれと屈辱的な仕打ちを受けただけだった。そんな折り、ベットはアパルトマンに住む年下の貧乏彫刻家ウェンセスラス(アデン・ヤング)の世話を焼くうちに恋仲に。ところが、彼のことを知ったホルテンスが彼を誘惑したあげく結婚してしまう。怒れるベットはここに復讐を開始。ヘクターの元愛人でもあるなじみのバーレスクの歌姫ジェニー(エリザベス・シュー)の協力を得て、彼女にウェンセスラスを籠絡させ、一族を底なしの借金地獄に追いやったのだ。ヘクターはショックで再起不能となり、逆上したホルテンスはジェニーを殺そうとしてウェンセスラスを死なせてしまい、投獄される。その6カ月後。民衆の騒動のさなか、廃人同然のヘクターの横に、ホルテンスとウェンセスラスの子供をあやすベットの姿があった。...

作品データ

原題 Cousin Bette
製作年 1998年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 106分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「従妹ベット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi