小さい逃亡者
ホーム > 作品情報 > 映画「小さい逃亡者」
メニュー

小さい逃亡者

劇場公開日

解説

日ソ合作第一回作品で、シナリオにはソビエト側からエミール・ブラギンスキー、日本側からは「六人の女を殺した男」の小国英雄が参加して執筆、監督にはソビエト側エドワールド・ボチャロフ、日本側は「妖僧」以来の衣笠貞之助があたっている。撮影はソ連側ピーター・カターエフ、日本側は「座頭市の歌が聞える」の宮川一夫。

ストーリー

ヴァイオリンと絵に天才的なひらめきを示す十歳の少年川間健は孤児である。しかし、叔父の野田信之が、健の父がモスクワに生きている、と言った日から、モスクワ行きが健の夢になった。ボリショイサーカスが東京に来た時、健は道化師ニクーリン夫妻と知り合い、京都まで追いかけてモスクワへ連れて行ってほしいと頼みこんだ。健の手振り身振りの訴えに夫妻は微笑しながら承諾したが、言葉の通じない悲しさ、夫妻が飛行機で帰国した時、健は横浜港で夫妻を待っていたのである。やむなく健はソ連船に忍び込んだが、乗組員に発見されたのはナホトカが近くなった時だった。ナホトカに着くと健の密航を処理するため、退役軍人トロフィムイチと共にモスクワに向った。しかし、途中で迷子になった健は一人で旅をしなければならなくなる。モスクワまでの数カ月間、リュックサック一つで、健は線路を歩いたり密林に入ったり、それでもソ連の人たちに助けられながら旅を続けた。やがて、レニングラードに着いた時、健はサーカス小屋を見つけた。入ってみると、そこにはニクーリンがいた。驚いた彼は、日本大使館員の通訳で健の事情をすっかり聞くと、健を連れてモスクワに向った。しかし、そこで知ったのは、健の父が既に五年前に死んでいたということだった。身体をふるわせて泣く健を、ニクーリンは言葉もなく抱きしめるのだった。--それから十年後ソ連で成長し、ヴァイオリンの修業をつんだ健は、モスクワ室内管弦楽団と共に帰国し、なつかしい故国の人人の前で、その腕前を披露した。その健の美しいヴァイオリンの音に、人一倍熱心に耳を傾けているのは叔父野田信之と、幼な友達で、今はすっかり成長した道子の二人だった。...

作品データ

原題 The Little Runaway
製作年 1966年
製作国 日本・ソビエト合作
配給 大映
上映時間 113分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「小さい逃亡者」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi