シャ乱Qの演歌の花道
ホーム > 作品情報 > 映画「シャ乱Qの演歌の花道」
メニュー

シャ乱Qの演歌の花道

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

色と欲に目がくらんで演歌の道に入ったロック・ヴォーカリストの男が繰り広げるハチャメチャな騒動を描いたナンセンス・コメディ。人気ロック・グループ“シャ乱Q”のヴォーカリスト・つんくが主役をつとめ、ほかのメンバーも総出演している。つんくのライバルとなる演歌歌手には、こちらもロック・ミュージシャン出身の陣内孝則がふんした。監督は「熱帯楽園倶楽部」の滝田洋二郎。「とられてたまるか!?」の斉藤ひろしによる原案をもとに、斉藤と「7月7日、晴れ」の戸田山雅司が共同で脚本を執筆。撮影を「いちご同盟」の栢野直樹が担当している。

ストーリー

売れないロック・バンドのヴォーカリスト・天草乱之介に、突然歌手デビューの話が舞い込んだ。バンドのメンバーをあっさりと捨てて乱之介は単身上京したが、事務所は掘っ建て小屋の超弱小プロダクションで、しかも、女社長の小池は彼に演歌を歌えと言う。やる気をなくした乱之介だったが、弟子入りさせられた演歌界のドン・鳴門大輔の娘・珠美に一目惚れして、演歌の道に進むことを誓った。鳴門の弟子の人気演歌歌手・黒井ひでとの付き人となった乱之介は、やることなすことドジばかりで早々に破門されてしまう。その翌日から事務所の先輩の岬一郎とのドサ回りの日々が始まったが、そんな乱之介にテレビ出演の話がきた。チャンスをつかむとばかりに乱之介はテレビ局に乗り込むが、黒井の嫌がらせで顔に放送禁止の落書きをされてしまい、急場しのぎにプロレスのマスクを被って登場する。しかし、口からでまかせの苦労話が意外にも受けて、覆面太郎と名乗った彼のデビュー曲「虹色橋」は空前の大ヒットを記録した。突然の大ブレイクに有頂天の乱之介は、珠美が覆面太郎のファンだと知って、日本音楽大賞を狙うことを決意する。大賞発表の日、乱之介は会場に来てくれるはずの珠美がアメリカへクラシック音楽の勉強に旅立つという知らせを聞いて、大賞よりも愛を選ぶとばかりに港へ駆けつけた。しかし、珠美は鳴門の門下生の羽生とともに船に乗り込もうとしている。失意の乱之介は、やっぱり演歌だと急いで会場に戻るが、大賞は乱之介の曲を譲り受けた岬一郎の頭上に輝いた。さらに落ち込む乱之介は、「ロックがハートなら、演歌は心だ」との黒井の言葉に励まされ、ロック・バンド“シャ乱Q”を結成。再び、人気を勝ち取った。...

スタッフ

監督
脚本
斉藤ひろし
原案
斉藤ひろし
製作総指揮
松下千秋
企画
北林由孝
プロデューサー
宅間秋史
小林壽夫
宮澤徹
撮影
栢野直樹
美術
部谷京子
装飾
柴田博英
音楽
シャ乱Q
谷川賢作
音楽プロデューサー
岩瀬政雄
佐藤尚
橋本慎
主題歌
シャ乱Q
つんく♂
陣内孝則
尾藤イサオ
録音
柿澤潔
整音
小野寺修
音響効果
伊藤進一
小島彩
照明
長田達也
編集
冨田功
スタイリスト
藤澤まさみ
宮崎智子
ラインプロデューサー
渡井敏久
助監督
足立公良
スクリプター
赤澤環
スチール
竹内健二
ビジュアルエフェクトスーパーバイザー
松本肇
CGコーディネーター
西山譲二

キャスト

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第21回 日本アカデミー賞(1998年)

ノミネート
新人俳優賞 つんく

DVD・ブルーレイ

つんく♂THEATER 第5弾 「青春グラフィティ~ねえ お姉さん~」Bチーム[DVD] DVDザ・黄青あか[DVD] マジカデミステリーツアー IN 対馬[DVD] とっかえっ娘。[DVD]
つんく♂THEATER 第5弾 「青春グラフィティ~ねえ お姉さん~」Bチーム[DVD] DVDザ・黄青あか[DVD] マジカデミステリーツアー IN 対馬[DVD] とっかえっ娘。[DVD]
発売日:2008年6月18日 最安価格: ¥3,693 発売日:2000年5月24日 最安価格: ¥1,694 発売日:2004年4月27日 最安価格: ¥3,240 発売日:2002年7月17日 最安価格: ¥4,104
Powered by 価格.com

他のユーザーは「シャ乱Qの演歌の花道」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi