おとうと(1960)
ホーム > 作品情報 > 映画「おとうと(1960)」
メニュー

おとうと(1960)

劇場公開日

解説

幸田文の原作を、「キクとイサム」の水木洋子が脚色し、「ぼんち」の市川崑が監督した、若い姉弟の物語。撮影は「切られ与三郎」の宮川一夫。この作品では時代の雰囲気を出すために彩度を落としコントラストを残す現像方法「銀残し」が生み出された。

ストーリー

げんと碧郎は三つちがいの姉弟である。父親は作家で、母親は二度目であり、その上手足のきかない病で殆ど寝たきりだった。経済状態も思わしくなく、家庭は暗かった。碧郎が警察へあげられた。友だちと二、三人で本屋で万引したのが知れたのだ。しばらくたったある日、げんは鳥打帽の男に呼びとめられた。男は警察の者だと名のり、碧郎や家のことを聞いた。男は毎日のようにつけ始めた。そんなげんを碧郎は「親がちょっと名の知られた作家でよ、弟が不良で、お母さんが継母で、自分は美人でもなくて、偏屈でこちんとしている娘だとくりゃ、たらされる資格は十分じゃないか」というのだった。転校してからも碧郎の不良ぶりははげしかった。乗馬にこりだし、土手からふみはずして馬の足を折ってしまった。碧郎はその夜童貞をどこかへ捨てた。二年たった。十七になった碧郎に思わぬ不幸が訪れた。結核にやられたのである。湘南の療養所へ転地し、げんが附きそった。死が近づいてくるのを知った碧郎は、げんに高島田を結うよう頼んだ。「姉さんはもう少し優しい顔する方がいいな」といいながらも、げんの高島田を見て碧郎はうれしそうだった。父が見舞いに来た時は、治ってから二人で行く釣の話に夢中だし、足をひきずってきた母には、今までになく優しかった。夜の十二時に一緒にお茶を飲もうと約束して寝たげんは、夜中に手と手をつないだリボンがかすかに引かれるのを感じて目を覚ました。医者が来た。父や母も飛んできた。「姉さんいるかい」それが碧郎の最後の言葉だった。風のある晴れた寒い夜だった。...

スタッフ

監督
脚色
水木洋子
原作
幸田文
企画
藤井浩明
製作
永田雅一
撮影
宮川一夫
美術
下河原友雄
音楽
芥川也寸志
録音
長谷川光雄
照明
伊藤幸夫

キャスト

作品データ

原題 The Quick Draw Kid
製作年 1960年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第14回 カンヌ国際映画祭(1961年)

受賞
フランス映画高等技術委員会特別表彰 市川崑
出品
出品作品 市川崑

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全2件)
  • あら、川口浩だわ 岸恵子の毅然とした演技 芸能一家の才能ある若き川口浩… じめじめとした役に徹する田中絹代 全編薄暗い 「うっすらと悲しーなー」 「おれはこのうっすらと悲しーのが」 「やりきれないんだ」 「ひでー... ...続きを読む

    mamagamasako mamagamasakoさん  2016年6月12日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 設定年齢よりずっと高齢な姉弟役 ネタバレ! 総合:70点 ( ストーリー:75点|キャスト:70点|演出:65点|ビジュアル:65点|音楽:65点 ) 前半は弟よりも姉よりも何より義母がだんとつで目立っていた。何も出来ないのに自分が絶対的... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2015年12月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

独立プロ名画特選 ここに泉あり[DVD] 君の名は 第1部[DVD] 連続テレビ小説 こころ 総集編 第2巻[DVD] 連続テレビ小説 こころ 総集編 DVD-BOX[DVD]
独立プロ名画特選 ここに泉あり[DVD] 君の名は 第1部[DVD] 連続テレビ小説 こころ 総集編 第2巻[DVD] 連続テレビ小説 こころ 総集編 DVD-BOX[DVD]
発売日:2013年1月26日 最安価格: ¥3,201 発売日:2007年10月26日 最安価格: ¥3,324 発売日:2004年4月23日 最安価格: ¥4,060 発売日:2004年4月23日 最安価格: ¥11,779
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi