岸惠子、「きれいなお姉さんじゃダメ」市川崑監督の演技指導語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月16日 > 岸惠子、「きれいなお姉さんじゃダメ」市川崑監督の演技指導語る
メニュー

岸惠子、「きれいなお姉さんじゃダメ」市川崑監督の演技指導語る

2016年1月16日 16:04

市川崑監督の思い出を語った岸惠子「おとうと」

市川崑監督の思い出を語った岸惠子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]故市川崑監督の生誕100年特別企画「市川崑映画祭 光と影の仕草」が1月16日、東京・角川シネマ新宿で開幕し、この日上映された「おとうと(1960)」の主演女優・岸惠子が舞台挨拶に出席した。

黒い十人の女」「悪魔の手毬唄(1977)」「細雪(1983)」など、市川監督作に数多く出演した岸。特に「おとうと(1960)」は思い入れが深く、出演当時を「『スパイ・ゾルゲ 真珠湾前夜』という映画を撮っていて、出番がなかったのでホテルにいたら、ノックをされました。ドアを開けたら市川先生が立っていたんです。ポンと『おとうと』の台本を渡してくださって、『市川です。これはあなた以外ではやれません』と。すごく感動して、すぐにお受けした」と懐かしそうに振り返った。

しかし同作では、1週間ほど撮影を進めたものの、市川監督がチェック後にそれを破棄したというエピソードが残っており、岸は「ラッシュを見ている時に、先生が来て『(この映画を)やめようか』とおっしゃった。『(岸が演じた主人公)“げん”は、こんなにきれいなお姉さんじゃダメなんだ。もっとギスギスで、センスがない、頭が悪い、ただ弟だけを愛している健気な女だ』」と苦笑い。ショックを受けた岸が「どうしたらいいか」と問いかけたところ、市川監督は「いつも口をポカンと開けていてごらん」と答えたという。岸は当時の演技指導を思い返し、「その一言でふわっと“げん”が入ってきた気がして、それからはすべて先生のお気に召すようになりました」と目を細めた。

そして最後に、「市川崑とはどんなタイプの監督か?」と問われると、「演出の仕方が変わっていて、『もう少し具体的に、はっきり言った方がいい』と言ったことがあります。でも不思議な魅力があって、心が優しいんです」とニッコリ。さらに「あの方はすごく甘党なんです」といい、「すき焼きにも、お砂糖をお菓子のように山ほど入れるので、一緒に食べられないんですよ」と愉快そうに思い出を語っていた。

市川崑映画祭 光と影の仕草」は、ヒット作「ビルマの竪琴(1985)」や、総監督を務めた記録映画「東京オリンピック」、金田一耕助シリーズ「犬神家の一族(1976)」などがラインアップ。市川監督がこだわり続けた映像美や、あくなき探求心に迫る。角川シネマ新宿では、2月11日まで開催。

おとうと[DVD] おとうと[DVD] 最安価格: ¥3,175 1961年カンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネート、フランス映画高等技術委員会賞を受賞した名作。作家の父と後妻というコンプレックスを抱える継母の間で愛情を与えられずに不良化していく弟と、そんな弟をかばい愛情を注ぐ勝気な姉の美しくも哀しい姉弟愛を描く。
悪魔の手毬唄[DVD] 悪魔の手毬唄[DVD] 最安価格: ¥1,963 名探偵金田一耕助が、岡山と兵庫の県境、四方を山に囲まれた鬼首村で起こった奇妙な殺人事件に巻き込まれていく…。出演は、石坂浩二、岸恵子、仁科明子ほか。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi